昭和の残像 鉄道懐古写真 (56) 梅雨空の下、蘇る「青ガエル」の記憶

写真拡大

「青ガエル」の撮影会があるそうです。

「梅雨の時期だからねぇ〜」……って、そういうことじゃなくて(笑)。

「青ガエル」こと元東急5000系の撮影会が、今月24日に長野県松本市のアルピコ交通(旧松本電気鉄道)上高地線新村車両所で開催されるのです。

この車両は1986年に東急電鉄より譲渡され、2000年の廃車後、保管されていました。

昨年には松本電鉄カラーから東急グリーンに塗り直され、東急時代の姿が蘇っています。

ワンマン運転用に取り付けられていたサイドミラーなども撤去し、できるだけ東急時代の姿に戻したそうです。

当連載でも、旧5000系の東急時代の姿を蘇らせてみたいと思います。

同車両は1980年、東横線からの引退、そして目蒲線(当時)への転属という節目を迎えていました。

東急初の新性能電車としてデビューした旧5000系。

1954(昭和29)年に東急車輛で製造され、画期的技術を取り入れた革新的車両でした。

おにぎりのように下ぶくれした丸みを持った車体は、航空機技術を応用した「モノコック構造」(張殻構造)によるもので、当時の超軽量車体を実現させました。

外板と骨組みが一体となって荷重を負担する構造により、車体だけの重量を比較した場合、旧型車両より30%以上もの軽量化に成功したのです。

さらに台車や駆動装置、制御装置にも新機軸を取り入れ、騒音、電力使用、軌道保守などの低減を実現させた車両でした。

旧5000系は東急の最重要路線、東横線に投入されます。

その斬新なスタイルは、吊掛け式の旧型車両のみで運行されていた東横線のイメージアップに貢献し、全国的にその名が知られるようになりました。

当初は3両編成での運転でしたが、輸送力増強に合わせて4両、5両、6両と増加。

1959年までの5年間に計105両が製造されました。

東横線のスターとして活躍した旧5000系でしたが、その後、7000系や8000系が東横線の主役になると脇役に転じ、活躍の場は徐々に当時の田園都市線(現在の大井町線大井町〜二子玉川間と、田園都市線二子玉川駅以遠)へ移っていきました。

1977年、旧5000系の長野電鉄への譲渡が始まりました。

すると、同車両の特徴である「車体長18m」「超軽量で軌道負担が少ない」「1〜2両編成で走行可能」などが他の地方ローカル私鉄にも注目され、旧型車両置換えの”救世主”として、次々と譲渡されることになりました。

1986年までに、北は福島交通から、南は熊本電気鉄道まで、譲渡された会社は計6社、譲渡された車両数は全105両中、約70両(部品取り用も含む)にもおよびました。

いかに人気だったかがうかがえます。

譲渡された旧5000系は、それぞれの路線で車両の近代化を進めることになりました。

東急線内での車両数を減らしていった旧5000系は、1980年3月のさよなら運転をもって、ついに東横線から引退。

その直後の同年4月より、目蒲線転属へ向けた乗務員習熟用の試運転が開始されました。

試運転列車はくしくも初登場時と同じ3両編成に組み替えられ、東横線でさよなら運転の先頭に立ったデハ5025・5026がここでも先頭車に充当されました。

約2〜3週間の試運転を経て、目蒲線での営業運転が始まったように記憶しています。

目蒲線での試運転は、朝ラッシュがひと段落ついた午前10時すぎに奥沢検車区を出庫し、目黒〜蒲田間を数往復した後、夕方のラッシュ前に戻るというスケジュールでした。

その出庫の様子です。

1980年以降、大井町線(1979年に田園都市線より分離)と目蒲線で活躍した旧5000系も、その後は譲渡と廃車が進み、1986年6月に目蒲線での運用が終了。

7月に行われたさよなら運転を最後に全車引退しました。

東急線上から姿を消した旧5000系ですが、譲渡先の熊本電気鉄道では、両運転台化改造された2両がいまも活躍中です。

車齢なんと55年! 四捨五入すると還暦という電車がいまも現役というのは驚きです。

一方、都心の渋谷駅ハチ公口には、車体の一部をカットし、台車・床下機器を取り外したデハ5001が展示され、ハチ公に負けず劣らずの”渋谷のシンボル”と化しています。