一つの企業に勤め続けていれば、年を追うごとに収入が上がっていった時代はとうの昔に終わりました。所得は思うように上がらず、そのために親の世代では当たり前だった結婚やマイホーム購入などの人生計画もままならない時代がすでにやってきています。
 とはいえ、収入を上げることが不可能になったわけではありません。今の仕事でスキルを磨いて転職するというのもその選択肢の一つですし、独立することだってその一つです。
 そこで今回は、著書『土日社長になっていきなり年収+96万円稼ぐ法』(角川学芸出版/刊)で起業・独立の準備として、まずは土日を使ってビジネスを始めてみることをすすめている松尾昭仁さんにお話をうかがいました。注目のインタビュー後編です。

―今は会社員を続けていても収入が上がりにくい時代だと言われています。その点で、本書で取り上げている「土日社長」というスタイルは、会社員の生き方に新たな可能性を示しているといえますが、松尾さんのお考えとしては、土日を使ったビジネスが軌道に乗った場合、会社を辞めて独立するべきなのでしょうか。それとも、土日のビジネスはあくまで副業として、会社員と並行させるべきなのでしょうか。

松尾「土日社長をやって「いける!」と思ったらぜひ、思い切って起業に踏み出してください。ただ、そうは言っても人それぞれなので、ずっと副業でもOKです。また土日社長を経験すると、経営者の感覚がわかるので(理解できるので)ビジネスマンとして一皮も二皮もむけるはずです。だから、サラリーマンで出世する可能性も大なんです!」

―新しく立ち上げたビジネスを軌道に乗せるために、気をつけるべき点がありましたら教えていただければと思います。

松尾「今、目の前にいるお客様を大切にすること、贔屓をすること。贔屓というと悪いことのようですが実際、生涯100円しか払わないお客さんと、毎月10万円をコンスタンとに使ってくださるお客さんがいたら、どちらを大事にしなくてはいけないかは言うまでもないですよね。ですから私は、自分のセミナーでもコンサルでも今の常連さんを大切に扱い、徹底的に贔屓をすること、そして新規ばかり追わないことを教えています」

―松尾さんご自身も会社員から独立された経験をお持ちですが、独立する前と後で、生活にどのような変化がありましたか?

松尾「会社員時代はご多分に漏れず、サザエさん症候群で日曜の夜は憂鬱でしたが、今は全く逆で、早く月曜の朝になって仕事がしたい、働きたいと思えるようになりました。それはやはり会社員時代の「やらされている」 という感覚から「好きで働いている」と思えるようになったからでしょうね」

―最後になりますが、将来的に起業を目指している方々に向けて、メッセージをお願いいたします。

松尾「私は起業して来年で10周年になります。もちろん最初から順風満帆だったわけではありません。むしろ「いつ会社が潰れるか?」と眠れない日々が長く続いたのが正直なところです。でも辞めませんでした。なぜなら、起業は楽しいから……。
自分で戦略を立て、自分で行動に移し、自分がその結果を全て受け取ることができる。
生きている醍醐味、働いている緊張感がサラリーマンのときとはまったく違うのです。
起業はギャンブルという人もいます。確かにそういった要素がないとはいえません。
しかし人生は一度きり。だから私は起業を勧めます。ですから、「土日社長」をテーマにこの本を書きました。
この『土日社長になっていきなり年収+96万円稼ぐ法』が、あなたにとって【CHANGE】のきっかけになることを祈っています」