都に嵐吹く

(画像:「ファミリー劇場」公式Webサイトより)
(c)NHK

「人形劇 三国志」がCS放送のファミリー劇場から下記の日程で放送されます。

2012年06月11日(月)スタート(月〜金 連日放映)
20:00 - 20:55 『#1 桃園の誓い』


NHKで1982年から84年まで足かけ3年に渡って放送され、川本喜八郎の人形美術で児童福祉文化奨励賞、テレビ大賞を受賞した本作。本物の火やコンピュータを使って、今までの人形劇の常識を打ち破った新趣向が取り入れられており、人形劇による大河ドラマとも言うべき不朽の名作がいよいよファミリー劇場に登場です。
ストーリー政治の腐敗と反乱、天変地異と飢きんにより天下が大いに乱れた2世紀末の中国。漢王朝の血をひく青年・劉備玄徳と義兄弟である関羽・張飛が曹操、孫堅といった英雄・豪傑を相手に、天下統一と漢王朝の再興を目指す物語です。
霊帝崩御先の帝、霊帝の崩御により葬儀の場において次の皇帝が書かれた遺言を盧植が持参します。そこに書かれた次の皇帝は「協皇子(後の献帝)」と書かれていたのですが、代わりに遺言を代読した何進が読み上げたのは「弁皇子(何進の妹、何皇后の子)」。それに反論した盧植はそのまま洛陽の都を追放になります。
美女・貂蝉の計王允の養女である貂蝉、彼女は絶世の美女として評判となり宮中にて舞を披露します。しかし、その夜偶然にも曹操・袁紹・何進・王允らの十常侍暗殺計画を偶然にも聞いてしまいます。それによって彼女は追われる身になります。

※その時は後宮に難を逃れます。

貂蝉は劉備達によって町外れまで逃げますが…。
董太后の死董太后(霊帝の母)は洛陽を追放されます。そこで何進の策略によって董太后を毒殺がなされることになり、神々・竜々はその任務を受けます。

結局、神々・竜々の人の良さにより毒殺は失敗したのですがその数日後、董太后は病死することになります。
何進の死曹操・袁紹と共に皇帝のいる都へやってきた何進は十常侍により殺害されてしまいます。

※その後、十常侍は曹操らによって殺害されてしまいます。

そして、その混乱の中で洛陽入りした董卓は実質的な権力者となるのですが…。

「人形劇 三国志」、次回もお楽しみっ!


【ライター:清水サーシャ】


▼外部リンク

「人形劇 三国志」ファミリー劇場公式Webサイト