海外のガンプラマスターが作った「ルイ・ヴィトン ガンダム」の完成度がハンパない / なんか悔しいけどめちゃめちゃカッコイイぞ!!

写真拡大

ガンダムシリーズのプラモデル、通称「ガンプラ」。ほとんどの男性が作一度は触ったことがあるのではないだろうか。もちろん海外にもファンは多い。外国だからと侮ってはいけない。海外にも多くのプロやそれに近いアマチュアがたくさんいる。

今、海外のガンプラマスターが作ったガンプラが話題となっている。男のロマンであるガンダムを、なんとあの女子が大好きなルイ・ヴィトンとコラボさせてしまったのだ。しかし……それがめちゃくちゃカッコイイのである。

ルイ・ヴィトン ガンダムが紹介されたのは「GUMDAM GUY」というサイトだ。こっくりとした濃いチョコレート色をベースに、くすんだ金色となかなかシブいカラーリングだ。だが肩と足の部分に「LV」の文字! そして刀の鞘にはルイ・ヴィトンの象徴モノグラムが施されている。完全にルイ・ヴィトン仕様だ。

ご覧になって気づきの方もいらっしゃるかもしれない。ベースとなった機体は 『機動戦士ガンダムSEED ASTRAY』に登場する「PG 60分1スケール ガンダム アストレイ」である。

それにしても……くっ、まぶしいッ……ルイ・ヴィトンとは本来陽の当たる場所を歩く女子の持ち物ではなかったのか。ガンプラとは水と油! 正反対のベクトルの存在だったはずだ。なのになんだ、めちゃめちゃカッコイイじゃないか! カッコよすぎて嫉妬するレベルである。
 
ヴィトン仕様のアストレイを見たネットユーザーは

「カッコイイ〜」
「オーマイガー!!」
「なんて素敵なの!?」
「うちのママはガンダムが嫌いだけど、これなら気に入ってくれそう」
「ガンプラ好きの女子にプレゼントすればよい」
「ザクもお願いします!」

などとコメント。
 
ネットユーザー間でも「ガンダムが好きでかつルイ・ヴィトンが好きな人はこの世に存在するのか」は議論中だが、ヴィトン仕様のアストレイがカッコイイということでは満場一致である。作者はセンス、技術ともに相当の力の持ち主なのだろう。

なお、こちらのガンダムはルイ・ヴィトンのオフィシャルなものではない。商品化ということは難しいと思われる。

それにしても相容れないもの同士がここまで調和してしまうとは……もしかしたら今後、本当にコラボということもありうるかもしれない。

参照元:GUMDAM GUY(英語)


画像をもっと見る