彼女の真意がなかなかわからない……という問題で悩んだ経験のある男子は多いと思います。

多いというか、女の子を好きになったことがある男子なら誰もが相手の気持ちがわからなくて悩んだことがあるはずです。

自分の気持ちが相手に届いて両想いになれたのなら、彼女の気持ちがわからない時にでも、「どうしたの? 」「何があった? 」と直接本人に聞いて、話し合うこともできます。

しかし片想いの場合は、相手の女の子に今何を考えているのか、どうしてメールに返信をくれないのか、なぜデートのお誘いに乗ってくれないのかといった理由を「どうして? 」と聞くことはなかなかむずかしいものです。

そんな時、どうすれば相手の女の子の気持ちがわかるのかという問題について、今日は考えてみることにします。

相手の気持ちがわからなくて困るのは、たいていの場合冷たくされたり、断られたりしたときではなく、愛想よくされていたり、断るにしろ冷たくはされていない場合なのだと思います。

女の子は、基本的に生きることに上手に適応できている人が多いので、誰にでも挨拶をしたり、丁寧だったり、やさしかったりします。

そのため、彼女の愛想のよさは好意からなのか、それとも誰にでも愛想がいいだけなのか。

その境目が男性にはなかなかわかりづらいというパターンが多いようです。

また、女の子の側としてもわざわざ自分の好意や、苦手意識を相手に知らせようとは思っていません。

特に、学生ではなく社会人ともなれば、男女に関係なく個人的な好き嫌いや本心を隠して行動をしている場合がほとんどです。

そして、ますます彼女の本音がわからなくなってしまう……という状況になっていくわけです。

そこで、注目してみたいのは、相手の女の子の言う「ことば」と行動が伴っているかどうか、という点です。

たとえば、あなたが勇気を出して映画を観に行かないか」と仕事の知り合いの彼女をメールを使って誘ってみたとしましょう。

すると、ちゃんとあなたが心配しすぎない程度の早さでメールに返信が返ってきたのですが、「今、ちょっと仕事が忙しくて……。

その映画は観たいんだけど、まだ公開されたばかりで混んでそうだから、また今度にしない? 」という内容です。

すると、あなた的には、「それもそうだよな。

まだ、混んでいるかもしれない。

もうしばらくしたら、また誘ってみよう」といい方向に考えるかもしれません。

もちろん、彼女の本心はメールの返信にあるように、「もうしばらくしたら誘って! 」というところかもしれません。

けれど、その一方で、「2人きりで映画はちょっと……。

でも、あんまりキッパリ断って仕事が気まずくなるのもイヤだから、公開されたばかりで混んでるんじゃない? くらいの感じで断っておこう。

これで、2人きりで出かけるとかムリなんだなって気付いてくれればいいんだけど」と思っているかもしれない……という可能性もなきにしもあらずなのです。

それでは、彼女の気持ちがどちらどちらなのか、それを確かめるためには、その後の彼女の行動を見ていくしかありません。

しばらくしてから本当に、「そういえば、この間の映画だけど、お誘いはまだ有効ですか? それとも、誰かともう観ちゃいました?」というようなメールをあなたに送ってくれる。

もしくは、あなたがもう一度誘ってみたときに、「誘ってくれてありがとう、やっと仕事が落ち着いたから、映画も観に行けます。

いつがいい? 」という行動を取ってくれたら、彼女の気持ちは最初の文面通りで、いつもあなたにニコニコと挨拶している感じのいい言葉と行動とが伴っているといえます。

しかし、一度誘いをかけて以降、彼女のほうから一切のメールがこなくなった。