LVMH モエヘネシー・ルイヴィトン(=以下LVMH)が6月15日、フランスの高級紳士服ブランド「Arnys(アルニス)」を買収することを発表した。LVMHグループ傘下の高級皮革ブランド「Berluti(ベルルッティ)」が吸収。「Berluti」をトータルブランドに成長させるため、ウェアのカテゴリーを拡充する。 LVMHが「Arnys」を買収の画像を拡大

 「Berluti」は、2012年1月に行われたパリ・メンズコレクションで、初めてメンズウェアラインを発表。エルメネジルド ゼニア グループが展開するメンズブランド「Z Zegna(ジーゼニア)」の元クリエイティブ・ディレクターAlessandro Sartori(アレッサンドロ・サルトリ)がデザインした。「Berluti」のマネージング・ディレクターAntoine Arnault(アントワン・アルノー)は、「『Berluti』のブランドを拡大させる一環として、『Arnys』が培ってきた技術や専門知識と優雅さをブランド展開に反映させていく」とコメント。買収により「Arnys」の職人をはじめとする全スタッフがLVMHグループに所属する他、フランス・パリのショップを「Berluti」の新たな活動拠点とする。 「Arnys」は、1933年にGrimbert一家により設立された紳士服ブランド。フランスの老舗テイラーとして有名で、現在は3代目のJean Grimbert(ジーン・グランベール)が代表を務めている。活動の拠点が多くの芸術家たちが暮らすモンパルナスに近いことから、ル・コルビュジエやアーネスト・ヘミングウェイ、パブロ・ピカソ、ジャン・コクトー、アンドレ・ジイド、ジャンポール・サルトルなど、著名な芸術家や作家に愛されてきたことで知られている。