ワインや果実酒が人気。アラフォー世代の家飲み事情を調査―BIGLOBE

写真拡大

BIGLOBEは、アラフォー女性向けポータルサイト「Kirei Style(キレイスタイル)」において、「アラフォー世代の家飲み事情」の調査結果を公開した。

回答者数は4,939名(アラフォー2,595名、アラサー2,344名)、調査期間は4月13日〜16日。

調査の結果、最もワインを好むのはアラフォー女性、焼酎はアラフォー男性となった。

「自宅で飲むお酒のジャンルは?」という質問では、アラサー・アラフォーともに、「ビール類」、「缶チューハイ・サワー」が上位を占めた。

男性と比べると、アラフォー女性は「ワイン」や「梅酒・果実酒」の人気が高く、特に「ワイン」はアラフォー・アラサー男女の中で最も飲まれる傾向にある。

一方、焼酎はアラフォー男性に最も飲まれていた。

ノンアルコールビール・カクテルは、男女ともに1割程度にとどまっている。

次に、「缶チューハイ・サワー・缶カクテルを選ぶ基準は?」と聞くと、アラフォー女性、アラサー女性ともに、1位は味のおいしさ。

飲みやすさや手ごろな価格も、重要視されている。

「カロリーが低いこと」はアラフォー、アラサーともに4番目となったが、比率に10%程度の差があり、アラサーの方がカロリーを気にする傾向にあるようだ。

また、「缶チューハイ・サワー」「缶カクテル」を飲むタイミングは、アラフォー女性、アラサー女性ともに、「夕食中」や「お風呂あがり」が中心。

「ストレスがたまっているとき」や「疲れた時」という回答は、アラフォー女性よりもアラサー女性に多く見られ、お酒に癒やしを求める傾向がアラサー女性に見受けられたという。