11日、アップルが公開したiPhoneのiOS6ベータ版の地図アプリで、韓国が領有権を主張している竹島が韓国名の「独島」ではなく、「竹島」と表記されていることがわかり、韓国のネット掲示板で波紋を呼んでいる。

アップルはiOS6から、既存のGoogleマップの代わりに自社の地図アプリをiPhoneに搭載するする方針を発表しており、新たな地図アプリは「ウィキペディアのようにユーザーからの情報を総合する『オープン・ストリート・マップ』を基本とする」としている。

韓国では「地図を提供しているのが日本のインクリメントP株式会社であり、韓国は安保上の理由で地図資料を海外に提供することが禁じられている」ため、「竹島」表記になったのではないか、と複数メディアが報じている。

報道を受け、韓国のネット掲示板では、iOS6が正式リリースされる前に、地図アプリで「iボタン」を押して訂正編集を求めよう、と呼びかけるなどの動きが出始めた。ほかにも、「サムスンを敵視するアップルと日本人が組んだ」「アップルの製品を買う奴は売国奴だ」「iOS6で『独島』を検索すると『独島刺身』という店しか出ない」「アップル ボイコット!! サムスン ファイティング!!」など、アップルを敵視する意見、アップル製品のボイコットを呼びかける声も多く寄せられている。

【関連記事】
【取材日記】韓国ウォンで取引されないスマホアプリ
竹島をめぐるアップルとグーグルの地図の違い
アップルによるサムスン「GALAXY S III」の米国販売差し止め請求、審議が先送りになったそうです

【関連情報】
 
“アップルの地図に独島がない“…“不買運動も辞さない”(ノーカット・ニュース<韓国語>)