英雄 動乱の都へ

(画像:「ファミリー劇場」公式Webサイトより)
(c)NHK

「人形劇 三国志」がCS放送のファミリー劇場から下記の日程で放送されます。

2012年06月11日(月)スタート(月〜金 連日放映)
20:00 - 20:55 『#1 桃園の誓い』


NHKで1982年から84年まで足かけ3年に渡って放送され、川本喜八郎の人形美術で児童福祉文化奨励賞、テレビ大賞を受賞した本作。本物の火やコンピュータを使って、今までの人形劇の常識を打ち破った新趣向が取り入れられており、人形劇による大河ドラマとも言うべき不朽の名作がいよいよファミリー劇場に登場です。
ストーリー政治の腐敗と反乱、天変地異と飢きんにより天下が大いに乱れた2世紀末の中国。漢王朝の血をひく青年・劉備玄徳と義兄弟である関羽・張飛が曹操、孫堅といった英雄・豪傑を相手に、天下統一と漢王朝の再興を目指す物語です。
不吉を呼ぶ馬・白竜劉備は張角と黄巾党討伐の功績を認められ、片田舎の県令(現代日本で言えば警察署長のような官職)に就任しました。

劉備達の今回の功績からすればかなり低い褒美ではありましたが、それでも彼にとっては初めての官職。その頃、神々・竜々が所持していた病気の馬、白竜を劉備が買い取ります。

白竜は不吉を呼ぶ馬と呼ばれているのですが、劉備は気にもしません。
何進将軍・何皇后の暗躍一方、都・洛陽では権力争いによって王美人(後の皇帝である劉協の生母)が何者かに毒殺されてしまいます。その裏には何進将軍とその妹である何皇后の影があるようです。

宦官である十常侍による腐敗した政治、皇帝の親族による権力争い。いつの世も悪政の原因は大差無いようです。

そんな悪政は、片田舎にいた劉備にまで影響することになります。
視察に来た役人・督郵都から視察に来た役人・督郵。彼は劉備に対して露骨に賄賂を要求します。しかし、清廉潔白な劉備は賄賂を断り、張飛は督郵を気に縛り付けて殴ります。

それによって劉備は官職を辞することになります。そして関羽・張飛と共に都・洛陽へと向かう事になります。
劉備達、洛陽に着く!劉備達は洛陽へ着きましたが、今の彼等は指名手配犯。そこで隠密に関羽・張飛は十常侍・何進への探りを入れ、劉備は盧植将軍へ出会う事を目指します。

※劉備は淑玲と再会することになります。

そして劉備は淑玲の協力を得て何進将軍から殺害されそうになった盧植を助ける事になります。

その後、何進将軍に狙われている劉備は曹操に助けられる事となりますが…。

「人形劇 三国志」、次回もお楽しみっ!


【ライター:清水サーシャ】


▼外部リンク

「人形劇 三国志」ファミリー劇場公式Webサイト