食べ過ぎたわけではないのに体重増加……なんで!?


お菓子を食べすぎたわけでも、油っこいものを食べまくったわけでもないのに、なぜか体重が増えてる!……こんな悲しい経験ありませんか?



人間の体重は、1日のうちでも1〜2kg前後は変動するもの。



これは、食べ物や水分の摂取量、汗や便などの排せつ量、体内水分量などによるものです。だから、「体重が増えている=太った」というわけではありません。



例えば、長湯をしたり、運動で大量に汗をかいた後は体重が減ることがありますよね。



これは、体内の水分量が一時的に減っているためで、水分補給をすれば、体重も元に戻ってしまいます。



それから、便秘によっても体重は増加しますし、ムクミがある時も体内の水分量増加に伴って体重は増えます。



また、生理前に体重が増えがちなのは、生理前は水分を体内に蓄える働きのある女性ホルモン「プロゲステロン」が多く分泌されるため。



ただし、これも一時的なもので、生理が来れば体内水分量も元に戻るため、体重も元通りになります。



体重はこのように、さまざまな要因に左右されるものなのなのです。だから、必ずしも脂肪の量が増減しているわけではありません。仮に、絶食して体重が1kg減ったとしても、脂肪が減ったからではないのです。



そして、その体重がすぐ元の体重に増加したとしても、それはリバウンドではありません。



あくまで体内に入る食物の重量や便量などの変動によるもので、身体がやせたり太ったりしたわけではないことを理解しておきましょう。



毎日体重を測って体重管理をすることは大事なことですが、1日の体重変動にあまり惑わされないことが大切。また、1日の体重変動の影響をできるだけ受けないように体重を測るには、同じ時間帯に、同じ条件で体重計に乗るのがオススメです。



(ビューティ&ダイエット編集部)