ホンダ、軽乗用車「バモス」と「バモス ホビオ」を一部改良して発売

写真拡大

本田技研工業は14日、軽乗用車「バモス」と「バモス ホビオ」を一部改良して15日に発売すると発表した。

価格は、バモスが124万6,500円から143万3,000円、バモス ホビオが120万3,500円から141万3,000円という手頃な設定としている。

バモスの一部改良では、3本メッキフロントグリルやリアバンパーガーニッシュ、13インチアルミホイールなどを標準装備した「G」タイプを新設定。

バモス ホビオにも、ハーフシェイド・フロントウインドウやユーティリティフックなどを標準装備した「G」タイプが新設定されたほか、4ナンバーの「Pro」タイプに、水や汚れを手軽に拭き取れるワイパブルマット(カーゴルームフロア / リアシート背面)を標準装備している。

また、バモスとバモス ホビオ共通の変更点として、ボディカラーに「バニラクレム」「ピンクゴールド・メタリック」「プレミアムミスティックナイト・パール」を新たに設定し、全8色のカラーバリエーションとしている。

バモスとバモス ホビオ共に、エンジンは660cc 3気筒 SOHCを搭載し、トランスミッションは3AT / 4AT / 5MTのいずれかを採用。

駆動方式は2WD(FR)と4WDを用意。

乗車定員は4名(バモス ホビオ Proは2 / 4名)。