悶絶フードを食べてみました




いきなりですが、大変においしくないと評判の「悶絶フード」を買ってきて試食しました。イヤイヤながら『ドリアンチップス』など9品を購入。その味は……トホホ。





■ドリアンチップス(タイ産)



ドリアンをパーム油で揚げた油菓子



知ってますよ、ドリアン。果物の王様ですよね。もうひとつ知ってますよ。強烈に臭いんですよね。さすがにこれはキツそう。パッケージのスウィートの文字がまた不安を誘う。さて、開けてみる。ふぞろいなタコスみたい。特ににおいはない。食べてみる……。んー? 普通。ちょっと芋に似た風味があるだけで、クセはない。スウィートというほど甘くもない。洗練された薄めの味付けです。ポテトチップスは油と調味料の味がきついけど、これは厚みがあることもあって植物を食ってる感じがする。



いやあ、肩すかし。うまいです。



けど、ドリアンが好きな人にはにおいも魅力なんじゃないかな。となると、こんなに普通でいいのか、ドリアンである意味があるのか。ほかのメーカーはもっとくさいやつ出してるんですかね。



■エスカルゴ(インドネシア)



缶入りエスカルゴ



知ってますよ、エスカルゴ。フランス料理の食材ですよね。豪華じゃないですか。



だいたい貝ですよ。好きだなあ、貝。サザエ、カキ、バイ貝、おいしいですよね。陸のものだからって、ナメクジと親せきだからって、抵抗なんて……、抵抗なんてこれっぽっちもありませんよ!



えー、缶を開けてみますと。あー、白濁した液体に黒い物体が沈んでいますなあ。殻は入ってないのね。



恐る恐る口に入れると……。味がない。歯ごたえもない。当たり前だが海産物特有のうまみがないし、貝の味じゃないなあ。それでいてピータンに似た硫黄っぽい後味が、うっすらじわーっとくる。うーん、気持ち悪い。



これは単に食材なんですね。だから味付けされてない。バターでいためたりするんでしょうか。



■スープカレーキャラメル(日本産:北海道限定)



スープカレー風味のキャラメル



知ってますよ、スープカレー。北海道の流行が全国に広がったんですよね。名物を地元のお菓子メーカーがキャラメルにする。まったく自然なことですね。おみやげにぴったりです。



っていうか、いい加減にせんといかんわ。ジンギスカンキャラメルとか、これとか。



辛さと甘さが調和することなく、交互に襲ってくる。ううう。後味もまたキャラメルの甘みと、カレー味というよりカレー粉そのものの風味が不協和音を奏でる。



ああ、おなかが熱くなってきた。腹のなかでも混じり合わずに主張しあってるのかなあ。ぐえーとか騒いだら負けみたいでくやしいけど、やっぱり言わせてもらいます。ぐえー。



■米醤豆腐乳(台湾産)



腐乳



台湾に旅行に行ったとき、ひたすら臭い屋台に遭遇した。なんでも「臭豆腐」という食べ物を扱っているらしいんだけど、もう強烈にくさい。台湾には「臭豆腐に大便を混ぜる(良心のかけらもないの意)」ということわざもあるくらい、アノにおいに似ているのだ。



なので、台湾製の豆腐発酵食品と聞いて「まずムリ」と思ったワケ。でも食べなきゃいけない。



と思いきや、においはそれほどでもない。ちょっと酸味のあるような感じで、たとえるなら古くなったナメコのみそ汁のようなにおいだ。見た目はちょっとグロテスク。みそ汁のなかに納豆と豆腐が入っているような感じ。これでもかってくらいの大豆ざんまいですな。



肝心の味はというと、これがもうひたすらしょっぱい。日本の塩辛でもここまでしょっぱくないぞというくらい塩辛い。味はみそのような酒かすのような感じなんだけど、あまりにもしょっぱすぎて、風味がわかりませんでした。



なんだかネットリした舌ざわり。これが好きって人もいるだろうけど、ちょっとダメ。味は悪くないんだけど……。これを現地でたべればまた印象は変わるんだろうけどね。



■デスレイン ハバネロチップス(アメリカ産)



激辛ポテトチップス



不吉なパッケージを開けてみると……、食べ物のにおいがしない。油のにおい。



ひと口食べてみた感想は「痛い」。いや、食べ物の感想じゃないのはわかってるけど、辛いというより舌が痛いんですヨ。



またポテトチップスなのに妙に硬い。厚さはプリングルスと同じ程度なのに、硬度は倍以上あるかも。カリカリとかサクサクとかではなく「ボリボリ」。



辛いモノに耐性があるなら、数枚食べれば慣れるかも。ただし自分の場合、汗がえらく噴き出してきて、胃のあたりがジンジンしてました。興味があるなら食べてもいいかもしれないけど、翌日のトイレは覚悟したほうがいいカモ。



■ザ・かたぬき(日本産)



かたぬき菓子



祭りの縁日でよくあるアレ。キレイにくりぬけば賞品がもらえる、というヤツで使われるアノお菓子だ。



箱には7枚のかたぬき菓子が入っている。見た目は安っぽいガムのようだ。香りはなくまったくの無臭。目的はあくまで「かたぬき」なので、ムダを排したエコ仕様と言えるだろう。



味は、砂糖と粉の味だ。ほんのりハッカのような風味もある。かたぬきを知らない人のために別のものに例えると、駄菓子屋のシガレットのような感じ。



調べてみると、7枚入りでひと箱90円弱。確かかたぬきは1回100円だったから、原価90円で610円のもうけ。子ども相手に、もうけてたんですかね。



■いかチョコ塩キャラメル(日本産)



塩キャラメル味のさきいか



塩キャラメル味のチョコでコーティングしたさきいか。



うーむ。なんか乙な味だなあ。コーティングされているので最初は塩キャラメル。で、それが溶けちゃうとさきいかの「くわっ」とした食感。



まあまあイイんじゃないですかね。全然食べられます。



■納豆風ドロップス(日本産)



納豆風味のキャンディー



もうね。納豆ですよ納豆。でもドロップ。缶入り。



缶のフタを開けた時にむわーっと異臭が。納豆とは形容し難い腐敗臭が。



もう甘いとかそういう次元じゃないぞ。



これはちょっと無理でした。



■ハリボーシュネッケン(ドイツ産)



ラクリッツ(甘草エキス)入りグミ



北欧を中心に愛されているという、甘草を原料にしたグミです。まあ基本的にはグミですよ。食感はね。



ただカタチがちょっと虫が丸まったみたいな感じに……。



しかも真っ黒なので、端から口に入れると……鳥肌ものです。



味は漢方薬。完食ムリ。



というわけで悶絶フードを試食しました。好評であれば次回もあるかも。トホホ……。





(高橋モータース@dcp)