アナログでポップなアート集団による「マグマ・ショー」原宿開催

写真拡大

 アーティストユニット「magma(マグマ)」の個展「マグマ・ショー」が、東京・原宿の「Lamp harajuku(ランプ ハラジュク)」の地下1階ギャラリーで、6月15日からスタートする。ポップでアナログ、そして独創的な世界感を表現するユニット。初の作品集の出版が決定した「magma」が、"日本最小のパーソナルギフトと生活雑貨のmagma的見本市"を披露する。会期は7月31日まで。 ランプハラジュクでmagmaの個展の画像を拡大

 「マグマ・ショー」は、手作業によるアナログ感と、"クレイジーでファニー"な作品を造り上げている「magma」の個展。会場では全ての作品を初披露する他、オリジナルプロダクトの販売が予定されている。会期初日の6月15日には、スペシャルライブ「マグマリサイタル」を開催。観覧は予約制で、「magma」がその場で制作したオリジナルの楽器を使用して、即興演奏が行われる。また会場では、6月30日に同会場で販売される初の作品集「MAGMAIZM」の予約を受け付ける。「MAGMAIZM」の価格は特別版が5,000円、通常版が3,000円(共に税抜)。 「magma」は、武蔵野美術大学空間演出デザイン学科で知り合った杉山 純と宮澤謙一により、2008年に結成。東京に「studio magma」を構え、店舗内装、ギミックワークやアナログロボットなどの什器・舞台美術など、キネティックなアートワークやプロダクトを通じて独自の世界観を表現してきた。「Lamp harajuku」のリニューアルオープン時に什器デザインを担当した他、ナイキ ジャパンによるインタラクティブなミュージアム「THE SUPER NATURAL RIDE/野性のつよさをよびさませ。」や、4月にオープンした「Onitsuka Tiger(オニツカタイガー)」の世界最大ストア「オニツカタイガー表参道」のために特別な卓球台を制作するなど、幅広く活動している。■マグマ・ショー 会期:2012年6月15日(金)〜7月31日(火) 時間:12:00-19:30 会場:Lamp harajuku gallery(東京都渋谷区神宮前 4-28-15)■マグマ リサイタル 開催日:2012年6月15日(金) 開場 19:30/開演 20:00 料金 : ¥500- ※1drink付き 予約方法:メール(lamp_harajyuku@hpgrp.com/件名「マグマリサイタル」)または電話 03-5411-1230にて受付。