ホンダ、軽乗用車「ライフ」に装備を充実させるなどの一部改良を行って発売

写真拡大

本田技研工業は14日、軽乗用車「ライフ」に装備を充実させるなどの一部改良を行って15日に発売すると発表した。

また、価格を98万円から160万9,000円(福祉車両を除く)という手頃な設定としている。

具体的には、Cタイプに高熱線吸収とUVカット機能付きのプライバシーガラス(リアドア / リアクォーター / テールゲート)や、フルホイールキャップ、EBD(電子制御制動力配分システム)付ABSをなどを標準装備。

Gタイプには、Hondaスマートキーシステムやイモビライザー、セキュリティアラームなどが標準装備された。

DIVAには、ブルーイルミネーション照明付フロントドリンクホルダーや14インチアルミホイール、Hondaスマートキーシステム、イモビライザー、セキュリティアラーム、フルオート・エアコンディショナーなどを標準装備している。

また、福祉車両の「G 助手席リフトアップシート車」では、回転および昇降操作が離れたところからできるリフトアップシートリモコンが標準装備となっている。

価格は145万5,000円から156万7,000円。

エンジンは、660cc 3気筒 i-DSI(SOHC)を搭載(DIVA・ターボパッケージのみ、ターボ搭載)し、トランスミッションは4ATを採用。

駆動方式は2WD(FF)と4WDを用意。

乗車定員は4名。