時間がかかる、使い方が複雑……「チャイルドシートの取り付け方に不満」8割

写真拡大

タカタ株式会社は、チャイルドシートの着用率向上と不適切な使用を減らし正しい着用を促すため、全国の20代〜40代の男女1,000人を対象に、チャイルドシートの着用に関する意識調査を実施した。

同調査は全国の20〜49歳男女を対象に、2012年5月26日〜28日にインターネットで実施。

1020の回答が寄せられた。

「子どもを車に乗せるときにチャイルドシートを使用する」と回答した人は74%、「使用しない」と回答した人は26%。

性世代別に見ると、20代女性においては3人に1人が使用の徹底がされていないことがわかった。

その理由としては「子どもが嫌がるから」「手間がかかるから」「移動距離が短く、事故に遭わないと思うから」というものが多く寄せられた。

「チャイルドシートの取り付けに不満を感じている」と回答した人は約8割。

その理由として、時間がかかる(69.3%)、取り付け方が複雑(42.8%)、正しい取り付け方ができているかわかりにくい(35.8%)などの意見が多かった。

また、男性と比べて女性は「正しい取り付け方をしているかわかりにくい」という回答が多いことも判明。

さらに7割以上の親が正しくチャイルドシートが取り付けられているか確認する方法を知らず、母親に関しては82.9%が知らないという結果となった。

チャイルドシートに期待することとして、36%が「より簡単に取り付けできるチャイルドシート」と回答。

ワンタッチで装着できるチャイルドシートを望む声が高いこともわかった。

また、不適切な使用方法を減らすためには、チャイルドシートの取り付けを「もっと簡単にできるようにする」という声が多く、そのほかにも「規格を統一する」など誰でも経験や体力に影響されることなく取り付けできる商品に期待が集まっていることも明らかとなった。