シリアルナンバー入りメガネフレーム発売―Ray-Ban

写真拡大

愛眼は8月1日、世界のトップアイウェアブランド「Ray‐Ban(レイバン)」の愛眼限定シリアルナンバー入り、Ray‐Banメガネフレーム2モデル(日本国内向け)を愛眼全店舗で発売する。

価格は各2万2,800円(レンズ込)。

今回発売する商品は、同ブランドメガネフレームの同店限定モデル。

”ウェリントンタイプ”のデザインで、1から999までナンバリングされている。

2種類のモデルがあり、各999本のみの限定生産。

希少価値の高い商品になっている。

また、名古屋市西区の直営店舗「MOZOワンダーシティ店」では、7月13日からの10日間、同ブランドのトランクショーを開催する。

トランクショーとは、ブランドのデザイナーやスタッフが、自らショップに商品やサンプルを持ち込み、展示・販売するイベントのこと。

限定商品や最新商品を購入できる機会も多い。

東海エリアで同ブランドのトランクショーが開催されるのは、今回が初めてだ。

今回のトランクショーでは、およそ1,000本の同ブランドのサングラス・メガネフレームが展示・販売される予定。

限定生産モデルの同商品は、トランクショー開催中に、先行発売されるという。