もち巾着のような不思議なチーズが限定販売! -かわしま屋

写真拡大

発酵食品販売のかわしま屋は、1日15セット限定で、北海道伊達市産の新鮮なミルクを原料にした手作りカチョカバロチーズを販売開始した。

カチョカバロチーズは、2000年もの歴史を持つと言われる、南イタリアの伝統的なセミハードタイプのチーズ。

北海道伊達市で元気に育った牛のミルクを原料に、職人がすべて手作りで生産している。

クセが一切なく、ミルクのうまみが凝縮されているのが魅力。

お好みの大きさにスライスしてそのまま食べたり、フライパンでソテーして酒のつまみにしたり、トーストやピザにのせたり、多彩な楽しみ方ができる。

職人による完全手作りチーズのため、ネット上での注文は1日最大15セットの限定。

注文が入ってから作り上げるため、到着まで5日前後かかる。

賞味期限は61日。

1,800円(200g、税込み)。