一番お金をかけたいのは自分の趣味。フルーツメールランキング発表

写真拡大

アイブリッジが運営するウェブサイト「フルーツメール」内のコンテンツ「フルーツメールランキング」で4日、「お金」に関するアンケートが実施された。

対象は、同サイトの登録会員の20歳以上で有職者の男女各500名、合計1,000名。

「財布のヒモが緩むのはどんな時ですか」という質問では、「旅行に行ったとき(39.7%)」「臨時収入が入ったとき(37.8%)」「バーゲンのとき(21.4%)」「ボーナスが出たとき(20.2%)」「うれしいことがあったとき(19.5%)」がトップ5を占め、ボーナスをあてにしている人は意外にも少ないことが判明した。

ボーナス支給の時期とはいえ、ボーナスをあてにしている生活者が多くないことがうかがえる。

また、ボーナスをもらえない人を対象に「もし、夏のボーナスが出るならば、何に使いたいですか」と質問したところ、1位「全額貯金(35.6%)」、2位「家計の足しにする(25.9%)」、3位「娯楽費(15.5%)」という結果となり、堅実な一面がうかがえた。

さらに、「男性としてまたは女性としてお金をケチりたくないときは?」という質問の上位は、男女ともに趣味が1位になった。

生活費を気にする一方で、好きなことにはお金を惜しみたくないという姿勢がうかがえる結果となった。