張角の最期

(画像:「ファミリー劇場」公式Webサイトより)
(c)NHK

「人形劇 三国志」がCS放送のファミリー劇場から下記の日程で放送されます。

2012年06月11日(月)スタート(月〜金 連日放映)
20:00 - 20:55 『#1 桃園の誓い』


NHKで1982年から84年まで足かけ3年に渡って放送され、川本喜八郎の人形美術で児童福祉文化奨励賞、テレビ大賞を受賞した本作。本物の火やコンピュータを使って、今までの人形劇の常識を打ち破った新趣向が取り入れられており、人形劇による大河ドラマとも言うべき不朽の名作がいよいよファミリー劇場に登場です。
ストーリー政治の腐敗と反乱、天変地異と飢きんにより天下が大いに乱れた2世紀末の中国。漢王朝の血をひく青年・劉備玄徳と義兄弟である関羽・張飛が曹操、孫堅といった英雄・豪傑を相手に、天下統一と漢王朝の再興を目指す物語です。
劉備達、黄巾党に囲まれる!劉備達は黄巾党により馬を奪われ、さらに淑玲・美芳と共に孤立してしまいます。

更に黄巾党の襲撃によって淑玲は矢を受け重傷、張飛も左腕に軽傷を負います。

しかしながら約50名に対して3名で対抗していた劉備達に対して援軍がやってきます。

※官軍の曹操の軍勢が黄巾党の討伐へとやってきたようです。

以前、出会った際に劉備を覚えていた曹操、彼は淑玲・美芳の保護と共に黄巾党の張角討伐を劉備と競う事になります。
劉備、董卓に出会うも劉備は黄巾党との戦いに勝利し、董卓将軍と出会う事になります。

当初、董卓は劉備達の武功に対する褒美を認めようとしたものの彼等が官職の無い事を知ると途端に冷淡な態度へと豹変します。

※この頃から官職と言うものが幅を利かせていたようです。特に董卓はその傾向が強かったようです。
張宝討伐戦張角の弟である張宝に董卓の軍勢は次々と敗北を喫してしまいます。そこで董卓は捨て駒のつもりで劉備達を向かわせたのです。

劉備・関羽・張飛は3人のみで張宝と戦うも、彼も妖術使い。かなりの苦戦を強いられます。特に張飛は苦手な蛇の姿、美芳が囚われる幻覚等によって動きを封じられてしまいます。

その妖術も劉備の機転により見破り、張宝は劉備との一騎打ちによって切り捨てられます。
張角の死その後、劉備達は張角討伐のために動くのですが同時に曹操の軍勢も張角の城へ兵を進めていました。

ところが曹操が踏み込んだときには張角は病死しており、黄巾党もその後はちりぢりになってしまいます。

この張角・黄巾党の討伐の功績によって劉備達もようやく世に出ると思いきや…。

「人形劇 三国志」、次回もお楽しみっ!


【ライター:清水サーシャ】


▼外部リンク

「人形劇 三国志」ファミリー劇場公式Webサイト