おもしろインテリアが満載! デザイン家具の見本市「インテリアライフスタイル」

写真拡大

国際見本市の主催・運営を行うメッセフランクフルトは、デザイン家具の見本市「インテリア ライフスタイル」を6日から8日にかけて東京ビッグサイトで開催した。

「インテリア ライフスタイル」は、国内外の最新インテリア情報を発信するための見本市。

著名なインテリアデザイナーである青木昭夫氏、小柴大樹氏、南村弾氏、本間美紀氏が企画をプロデュース。

今回は22回目の開催となり、昨年は東日本大震災の影響で海外出展者が減少したものの、今年は652社(国内480社・海外172社/前回521社)が出展するなど、大幅な盛り返しを見せている。

鳴海製陶社は、エコをコンセプトにした新しい食器を公開。

OSORO(オソロ)と呼ばれるこの器は、陶磁に牛の骨灰を混ぜ込むことで、料理を引き立てる美しい乳白色に仕上がっている。

特徴的なのは、器同士を重ねることで、ラップを使わずに料理を保存できるという点。

間にシリコンカバーを挟むことによって、食器同士のズレを防ぎ、香りと風味を閉じ込める。

価格は未定。

同イベントでは、OSOROシリーズと、オーガニックレストランのLUCA DELI(ルカデリ)がコラボ。

有機野菜を使った本格イタリアンを楽しむことができ、OSOROの皿を使ったトマトバジルのフェットチーネやオーガニック野菜ピザなどの多彩なメニューで参加者を魅了した。

ニューアンド社は、シリコン製の柔らかいランチョンマットを公開。

700円前後の手ごろな価格で、食器が滑りにくくなっているため、小さい子供や高齢者がいる家庭に人気とのこと。

人体に有害なものは含まれておらず、食品医薬品局(FDA)の審査にも合格。

誤って子供が口に含んだとしても安全であるという。

マスターズクラフト社は、和菓子や和食などの箸置きを展示。

今回特に注目が集まったのは、おせち料理をモチーフにした箸置き。

一見本物と見紛うばかりのクオリティで、だし巻き卵やかまぼこなどの食品を再現。

30〜50代に人気の商品で、価格はすべて500円前後。

プレゼントとして購入する人も多いという。

また、マストラッド社のシリコン製チップスメーカーも注目を集めている。

「トップチップス」と呼ばれる商品で、やわらかな皿の上にレンコンやカボチャ、ニンジンやジャガイモなどをスライスしたものを乗せ、3分ほどレンジで加熱すると、オイルフリーの低カロリーな野菜チップスを楽しむことができる。

イベントでは、パリッとした出来立てのじゃがいもチップスが振る舞われ、参加者を楽しませた。

価格は4,935円(税込み)。

三栄水栓製作所は、お風呂でエステができるシャワーヘッドを公開。

自宅のシャワーをとりはずし、ネジで取り付けるだけで交換は簡単。

プロのエスティシャンの監修のもと開発。

通常のシャワーのほか、柔らかな霧のでる「ミスト」、勢いよく温水のでる「ピンポイント・スカルプ」といったうれしい機能つきで、本物のエステを体験しているようなバスタイムを自宅で楽しむことができる。

価格は未定。

メトレフランセ社は、フランスでデザインされた、シリコン素材のスチーマーを公開。

耐熱温度は220℃で、電子レンジやオーブンでの使用が可能。

中にホットケーキミックスなどを入れて焼くだけで、スチーマーの形に添ったブタやカエルなどのケーキを簡単に作ることができる。

価格は未定。

会場では、アニマル型の扇風機にも注目が集まった。

スリーアップ社が開発したもので、サイズは幅24.5?、高さ28?とコンパクト。

外見に加えて特徴的なのは、鼻の部分を外し、中にアロマオイルを入れることができるという点。

涼しい風と、それに乗ったアロマの香りを楽しむことができる。