エアコンの出番を減らす節電テク! (Part2) ”日本古来”の涼やかグッズに注目!

写真拡大

今のようにエアコンも扇風機も、冷蔵庫もなかった時代。

日本の夏は今よりも涼しかったのでしょうか? まだ冷蔵庫が三種の神器としてあがめたてられ、経済白書に「もはや戦後ではない」と明記され、戦後復興の終了を宣言した、日本経済が急成長した1950年代後半の神武景気と、60年代後半のいざなぎ景気、80年代後半のバブル景気と最近の気温を比較してみました。

1950年代後半の神武景気で26.5℃、1960年代後半のいざなぎ景気では27.2℃、1980年代後半のバブル景気で27.5℃です。

どうですか、今から50年以上前、当然エアコンもまだ現在のように各部屋にひとつどころか、家庭には全く普及していない時代と、現代の気温はさほど変わらないのです。

それなのになぜ今の方がこんなに暑く感じるのでしょうか。

答えは、人が多く住んでいる場所の気温がより上昇してしまう、「ヒートアイランド現象」です。

現代の日本では地面がアスファルトやコンクリートで固められ、水分が少ないため、より熱せられて熱くなります。

真夏のアスファルトの表面は、50〜60℃にも達するとか。

また、ビルなどが増え、コンクリートの建物が多くなったことも要因の一つ。

コンクリートの建物は、暖まりにくく冷えにくい性質のため、昼間に蓄積した熱を夜間に放出し続け、外気温を温めます。

他に、エアコンの室外機などからの人工排熱も関係していると言われています。

さて、過去と比較して平均気温は変わらない、しかしヒートアイランド現象のせいで体感気温があがっている、という現代を涼しく過ごすにはどうすればいいのでしょうか。

先人たちの知恵を拝借してみましょう。

まず、「すだれ」です。

すだれは基本細く切った竹を糸で編み連ねたものです。

日本の古典大道芸に南京玉すだれというものがありますが、あの玉すだれよりは大きなものになります。

これを軒に吊るしかけ、日よけと目隠しとして使います。

カーテン、いやブラインドの元祖でしょうか。

でも、ブラインドやカーテンと大きく違うのが、すだれは窓の外に吊るすということ。

窓の外に吊るして日よけにすることで、太陽光から発する熱エネルギーを室内に入れず、結果室温があがるのを防ぐのです。

室温があがるのを防ぐということは、そう、節電になります。

使わない時はブラインドのようにくるくる巻きあげられるのもすだれの魅力。

最近は100円均一などでも売られていてお手軽です。

すだれと似ているものに、「よしず」があります。

すだれと比較すると、聞きなじみのない単語かもしれませんが、子どもの頃、夏休みに行った海水浴場で、昔ながらの海の家の入口とかの壁に立てかけてあった、あれがよしずです。

立てすだれとも呼ばれます。

よしずは、基本葦の茎を糸などで編み連ねたものです。

これを軒に立てかけ、日よけと目隠しとして使います。

すだれ同様に、太陽光から発する熱エネルギーを室内に入れず、結果室温があがるのを防ぎ、エアコンの節電に繋がります。

また、すだれと違うところは、軒とよしずの間に空間ができ、そこを風が通る、つまり熱がこもらないということ。

また、立てかけたよしずに打ち水をすると、よしずを通って室内に入ってくる風が2℃下がるともいわれています。

立てかけるのに若干スペースが必要になりますが、スペースがあるならば、すだれを吊るすよりも、よしずを立てかけた方が涼しく過ごせます。

「すだれ」や「よしず」で陽をさえぎることで、室内は快適な空間になりました。

でも一歩外へ出れば灼熱地獄。

とっくに陽も暮れたというのに、足元のアスファルトから熱気が立ち昇ってきます。

窓を開けて夕涼みなんてとんでもない! いつまでも熱気が室内へ入ってくる、まさにここはコンクリートジャングル。