阪神電車の高架下で栽培されたレタスが、栄養豊富なフレッシュジュースに!

写真拡大

阪神ステーションネットは15日より、阪神電気鉄道の鉄道高架下の工場「阪神野菜栽培所」で無農薬栽培されたレタスをフレッシュジュースとして販売開始する。

阪神野菜栽培所は、阪神電車が都市部の高架下土地の活用策として大物〜杭瀬駅間の高架下に開設された。

完全人工光型の植物工場で、水耕式無農薬栽培を行っている。

今回発売されるのは、同工場で栽培されたレタスのほかにアボガドとグレープフルーツを使ったスムージー感覚のフレッシュジュース。

ビタミンやミネラルが豊富で、食欲がなくなりがちな夏の時期にもおいしく栄養補給ができるという。

価格はRサイズが300円、Lサイズが350円。

阪神梅田駅、阪急西宮ガーデンズ、なんばウォークの3カ所にある「ジュースデリマメカ」各店で販売する。