黄巾の嵐

(画像:「ファミリー劇場」公式Webサイトより)
(c)NHK

「人形劇 三国志」がCS放送のファミリー劇場から下記の日程で放送されます。

2012年06月11日(月)スタート(月〜金 連日放映)
20:00 - 20:55 『#1 桃園の誓い』


NHKで1982年から84年まで足かけ3年に渡って放送され、川本喜八郎の人形美術で児童福祉文化奨励賞、テレビ大賞を受賞した本作。本物の火やコンピュータを使って、今までの人形劇の常識を打ち破った新趣向が取り入れられており、人形劇による大河ドラマとも言うべき不朽の名作がいよいよファミリー劇場に登場です。
ストーリー政治の腐敗と反乱、天変地異と飢きんにより天下が大いに乱れた2世紀末の中国。漢王朝の血をひく青年・劉備玄徳と義兄弟である関羽・張飛が曹操、孫堅といった英雄・豪傑を相手に、天下統一と漢王朝の再興を目指す物語です。
劉備達、盧植の軍に仕官を申し出る劉備・関羽・張飛は劉備の師である盧植将軍に仕官しようとしました。

しかし、盧植将軍は黄巾党の討伐に出陣しているため劉備達はしばらく待機する事になります。張飛は少々不満気味であるようですが、軍律を遵守する盧植将軍をよく知る劉備の諌めに従います。

その頃、黄巾党の略奪により淑玲と美芳は張角にさらわれてしまいます。
盧植軍の飯炊き劉備・関羽・張飛は盧植軍の飯炊きをすることになります。しかし、張飛がつまみ食いをしてしまい全て平らげてしまいます。もちろん、3人は怒られてしまいますが…。

その後、神々・竜々の饅頭売りがやってきて盧植軍の兵士は饅頭を食べるも眠り薬入り。これも張角の罠だったようです。
黄巾党の夜襲眠り薬で盧植軍は全て寝込んでいたのですが、劉備・関羽・張飛は饅頭を食べていなかったため平気でした。そこに黄巾党の夜襲があったのですが、何と3人で撃退に成功します。

手柄は寝ていただけの兵士長に取られたものの盧植将軍は3人を配下にすることを認め、黄巾党の張角軍討伐の援軍として派遣します。
盧植将軍の更迭結局、盧植将軍は戦況の不利を朝廷の宦官に伝えるも、賄賂を要求され断ったために更迭されてしまいます。

盧植将軍の後任の董卓は後に暴政により世の中を混乱させてしまうのですが…。

張飛は張角から逃げてきた淑玲・美芳としばらく共にいて酒を飲んでますが、寝ている隙に再び黄巾党にさらわれてしまいます。そしてその後は…。

※ちなみに「人形劇 三国志」では古代中国の文明や文化等にも触れています。今回は「紙」の発明について取り上げられました。

「人形劇 三国志」、次回もお楽しみっ!


【ライター:清水サーシャ】


▼外部リンク

「人形劇 三国志」ファミリー劇場公式Webサイト