東京都交通局「路面電車の日」イベント開催、「黄色い都電」3車両が大人気

写真拡大

東京都交通局は6月10日の「路面電車の日」に合わせ、都電荒川線の荒川電車営業所にて記念イベントを開催した。

会場には6086号車、7022号車、8810号車が展示され、「黄色い都電」3車両が並ぶ姿を写真に収める鉄道ファンや、各車両をバックに記念撮影する家族連れでにぎわった。

3車両のうち最も古い6086号車(6000形)は1949(昭和24)年製造。

1970年より荒川電車営業所に配属され、1978年まで都電荒川線で活躍したという。

鉄道博物館の学芸員、故・岸由一郎氏の尽力により、2008年に荒川電車営業所に戻り、昨年開催された都営交通100周年記念特別展「東京の交通100年博 〜都電・バス・地下鉄の”いま・むかし”〜」でも実車展示された。

7022号車(7000形)は、かつて都電荒川線の代表的なカラーリングだった黄色地に青帯の塗装を復活させた唯一の車両。

8810号車も、新型車両8800形で唯一のイエローの車両だ。

今回のイベントでは、都電荒川線マスコットキャラクター「とあらん」と都バスマスコットキャラクター「みんくる」が共演し、「都電おもいで広場」に設けられた物販ブースでは銚子電鉄、三陸鉄道、ひたちなか海浜鉄道のグッズも販売。

他にもさまざまな企画が催され、大盛況となった。

なお、同イベントで実施予定だった「花100(花電車)を利用したステージ」「都バス&都電コラボ」については、実施内容の変更にともない中止となっている。