日本興亜損保、女子プロゴルファー原江里菜選手の応援サイトを開設

写真拡大

日本興亜損保は、米ツアーを目指して高い目標にチャレンジし、大きな夢の実現に向けて邁進する同社の契約プロゴルファーである原江里菜選手に共感し、さらなる活躍、飛躍を期待するために原選手の応援サイトを開設したことを発表した。

原選手は、2007年に女子大生プロゴルファーとしてデビュー。

「大王製紙エリエールレディスオープン 」、「ライフカードレディスゴルフトーナメント」で2位に入り、翌年2008年の「NEC軽井沢72ゴルフトーナメント」では、ツアー初優勝を果たした。

今シーズンの原選手は、同社ロゴ「NIPPONKOA」がついたキャップを着用し、トーナメントに参加している。

原選手からのメッセージは以下の通りとなっている。

「日本興亜損保のホームページをご覧のみなさまへ プロゴルファーの原 江里菜です。

日本興亜損保さんには、2008年以来、ずっとスポンサー契約でお世話になっています。

いつもいつも、全力でサポートしていただけるからこそ、自分のモチベーションも高く保つことができています。

日本興亜損保さん、そして応援してくださるみなさまには、心から感謝しています。

今年は、新たな取り組みということで、いい姿勢や笑顔を心がけています。

試合でも、少しずつ手応えを感じてきているんですよ。

この調子で、これからも頑張っていきますので、みなさん、応援してくださいね!これからもよろしくお願いいたします!」