医師の非喫煙者は全体の78%。禁煙指導は約半数が実施 - メドピア調査

写真拡大

医師コミュニティサイト「MedPeer」を運営するメドピア株式会社は、4月18日〜24日にかけて会員医師に対し「医師の喫煙と禁煙指導」についてのポスティング調査を実施した(科目限定)。

1,597件の有効サンプルが寄せられた。

今回の調査では、回答者の医師全体の約78%が非喫煙者で、喫煙者は全体の約21%。

「患者に禁煙指導をしているかどうか」についての質問では、医師が非喫煙者の場合「禁煙指導を行っている」が一番多い割合で48%。

理由については、喫煙指導を積極的に行っているというコメントよりも「患者さんの個性もあるのでケースバイケース」「禁煙を決意したら外来で相談にのれると伝えている」というものが多かった。

続いて多い意見は医師が非喫煙者の場合「患者へ禁煙指導は行っていない」が30%。

「しっかり説明してもほとんどの人はやめない」「喫煙は個人の嗜好の問題」といった意見が目立つ。

一方、医師が喫煙者の場合「患者へ禁煙指導を行っている」は14%。

「強くは言えないが、推奨はする」「禁煙外来で禁煙指導している」というコメントのほか、産婦人科医が「妊婦は絶対に喫煙をしてはいけないので指導している」、循環器内科医が「循環器的疾患がある人や悪性腫瘍がある人には特にすすめる」など、診療している科目ならではの理由も寄せられた。