アウディ、新モデル2台を1日限定で甲府駅武田信玄公像前に特別展示

写真拡大

アウディ ジャパンはこのほど、新型「Audi A1 Sportback」および新型「Audi A1 SAMURAI BLUE Limited Edition」を1日限定で甲府駅の武田信玄公像前に特別展示した。

「Audi A1 Sportback」は今月発売されたばかりのニューモデルで、A1の5ドアバージョン。

上級モデルに匹敵するインフォテイメントシステムや豊富なオプションアイテムなど、アウディの魅力をコンパクトボディに凝縮したモデルだ。

1.4リットル直噴ターボエンジンを搭載し、価格は293万円。

「A1 SAMURAI BLUE Limited Edition」は言うまでもなく、サッカー日本代表「サムライブルー」を応援するモデル。

アウディはレアル・マドリード、バルセロナ、ミランなど世界屈指のクラブとパートナーシップを築いており、サッカー日本代表についてもサブスポンサーとなるなど支援を行っている。

ホワイトのボディの各所にサムライブルーを配した同モデルは111台限定で、価格は345万円。

この2台を甲府駅の武田信玄公像前に特別展示するイベントは、6月8日に1日限定で行われた。

アウディでは、「新世代のアウディを見て、触っていただき、山梨県の代表的な観光スポットとともにその認知を高めていく」としている。