地下鉄博物館で東京メトロ千代田線”新旧ローレル賞”6000系&16000系特別展

写真拡大

地下鉄博物館(東京メトロ東西線葛西駅高架下)では19日より、企画展示コーナーにて「千代田線車両の技術変遷展 〜ローレル賞の受賞を記念して〜」を開催する。

期間は8月5日まで。

東京メトロ千代田線では、開業時より活躍し、省エネルギー車両の草分けといえる6000系や、その後継車両としてさらなる省エネルギー化を実現した16000系などが活躍中。

6000系は1972年に、16000系は2011年にローレル賞(「鉄道友の会」が制定した賞で、性能、デザイン、製造企画などにおいて卓越したものがあると認めた車両に贈られる)を受賞している。

地下鉄博物館で開催される特別展では、千代田線の6000系と16000系のそれぞれに導入された技術を、写真や模型などでわかりやすく紹介するほか、千代田線が建設された経緯や歴史についても紹介する。

「ご家族でも楽しめ、小学生のお子様には夏休みの自由研究の参考となる展示内容となっております」(東京メトロ)とのこと。

なお、地下鉄博物館の開館時間は10:00〜17:00で、入館料はおとな210円、こども(満4歳以上中学生まで)100円。

毎週月曜日が休館日(月曜日が祝日・振替休日となる場合はその翌日)となる。