【女性編】「ロンドン」と聞いてイメージすることランキング


本場の味を体験した女子、多数!





歴史と最先端の文化とが交錯する都市・ロンドン。そこで暮らす人々も、「紳士・淑女のたしなみ」という言葉を重んじているようです。その一方で、最先端のファッションにも精通しています。新旧両方の価値観をもつ街ですが、皆さんはどのようなことをイメージしますか? 女性497名にうかがいました。





Q.ロンドンと聞いてイメージすることを教えてください(複数回答)

1位 オリンピック 19.5%

2位 紅茶 18.1%

3位 紳士 12.4%

4位 歴史のある格式高い街 11.2%

5位 おしゃれ 9.5%







■オリンピック

・「最近、CMなどでも聞くようになってきた」(30歳/情報・IT/技術職)

・「今年がオリンピックイヤーなので。藤原新選手に期待」(26歳/自動車関連/事務系専門職)

・「オリンピックの開会式を見てみたい〜」(25歳/団体・公益法人・官公庁)





■紅茶

・「ロンドンに留学経験のある父の影響か、こういうイメージが強い」(27歳/医薬品・化学/技術職)

・「アフタヌーンティーを楽しみたい」(23歳/食品・飲料/販売職・サービス業)

・「ロンドンに住んでいる友達のお土産は必ず紅茶!」(32歳/小売店/事務系専門職)





■紳士

・「ジェレミーのホームズの印象が強いから」(29歳/小売店/販売職・サービス業)

・「品がある人が歩いていそう」(30歳/金属・鉄鋼・化学/技術職)

・「電車やお店のドアなど、レディーファーストという意識がしっかりあるそうです」(29歳/ 金属・鉄鋼/技術職)





■歴史のある格式高い街

・「物語の舞台にもなる、格式高いイメージ」(24歳/ソフトウェア/技術職)

・「石畳が特徴的な町並みを思い浮かべます」(28歳/金属・鉄鋼・化学/営業職)

・「世界史によく出てくるので」(27歳/医薬品・化学/技術職)





■おしゃれ

・「バーバリーなど、おしゃれなショップがたくさんあるから」(27歳/食品・飲料/営業職)

・「チェックのジャケットの印象が強い」(28歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「街並みがお洒落だと思う」(25歳/医薬品・化学/事務系専門職)





■番外編:新旧の文化が交錯する街

・天候や歴史について「ロンドンは霧が多いとか、インドがイギリスの植民地だったこととか」(27歳/食品・飲料/技術職)

・ロックの街「ロックも高貴で格調あるイメージ」(45歳/食品・飲料/販売職)

・寒そう「ロンドンに研修旅行へ行った人に聞いた」(21歳/医療・福祉/専門職)





総評

1位は、「オリンピック」。これは当然の結果かもしれません。しかしながら、2位の「紅茶」とは、まさに僅差。紅茶好きの女性は多いのですね。「おいしい紅茶の淹れ方に興味があり、ロンドンを探訪した」などの、実際にロンドンに行った人の意見が多く見られました。





3位は「紳士」です。英国紳士の気質は、多くの女性にとって、興味があるものなのかもしれません。また、映画を通じて英国の紳士・淑女の文化にあこがれる、という意見も。英国紳士の一例として、シャーロック・ホームズの名前を挙げる人も目立ちました。





「おしゃれ」は、5位にランクイン。「人々のセンスがおしゃれである」、「街並みや雰囲気がおしゃれである」といった意見が多かったですね。バーバリーをはじめ、チェック柄のイメージが強いというコメントも見受けられました。





歴史を重んじる街でありながら、流行の発信地でもあるロンドン。オリンピック中継のときには、街並みも要チェックです!

(文・OFFICE-SANGA 澤井輝一)





調査時期:2012年4月26日〜2012年5月9日

調査対象:マイナビニュース会員

調査数:女性497名

調査方法:インターネットログイン式アンケート