パスポート持ってますか?




円高の影響で昨年の暮れから海外旅行の申し込み数が増加しているそうです。外国でちょっと贅沢ができるチャンスですし、行くなら今なのかもしれません。そんな海外旅行に一番必要なものといえばパスポートですよね。そこで今回は、パスポートをどれくらいの人が持っているのか、読者に聞いてみました。



調査期間:2012/2/29〜2012/3/4

アンケート対象:マイナビニュース会員

有効回答数 1,000件(ウェブログイン式)



Q.パスポートを持っていますか?



はい……629人

いいえ……371人



やはり『パスポートを持っている』と答えた人が多数派でした。社会人になると、仕事で必要になったり、パートナーと旅行するなど、取得する機会が増えるようです。これは取得時期についての質問で『社会人になって取得した』との回答が最も多かったことでもわかります。



取得時期で次に多かったのが『大学で取得した』でした。学生の間は卒業旅行で海外に行くケースも多いですし、これも納得の結果です。



次にこれからパスポートを取得する人のために、パスポートの取得方法をご紹介。



まずはパスポ−トの取得に必要なものから。



●申請書

申請窓口でもらうことができます。必要事項の記入漏れがないように注意!



●戸籍謄本

パスポートの申請する日から6カ月以内に取得したもの。



●住民票の写し1通

こちらもパスポートの申請日から6カ月以内に作成されたものが必要です。



●申請用写真 1枚

申請日から6カ月以内に撮影されたもの。街のスピード写真ボックスでも簡単に撮影できますが、写真映りにこだわるなら写真屋さんで撮影してもらうといいですね。



●身分証明証

身分証明証は1点だけでいいものと、2点提出しなければならないものがあり『運転免許証』や『住基カード』などは1点で大丈夫。その他、『健康保険証』や『印鑑登録』、『学生証』などは保険証+印鑑登録というように2点合わせての提出が必要となります。



これらを住民登録をしている都道府県の申請窓口に提出します。



書類等の提出から実際にパスポートを受け取るまではだいだい1週間くらいかかり、受領する際は、申請時の受領証と手数料が必要になります。手数料は有効年数によって金額が違い



●10年有効……収入証紙2,000円+収入印紙代14,000円

●5年有効……収入証紙2,000円+収入印紙代9,000円



となっています。



これで無事パスポートの申請から受領は完了です。案外簡単なものです。私も取得した際に、あまりにもあっさり取得できて拍子抜けした思い出がありますね。



パスポートを持っていない方は、簡単に取得することができますし、何かに備えて一度取得してみてはどうですか?



(貫井康徳@dcp)