ヒビ割れしない、丈夫な爪の作り方


キレイでオシャレな爪を保つためにマニキュアを塗ったりはがしたり……これでは爪がボロボロになってしまうのも当たり前。折れたり、ヒビ割れたりしない丈夫な爪にするためにはどんなことをすればいいのでしょうか?



爪のヒビ割れ予防には、甘皮をきちんと処理してあげることが大切です。



甘皮とは、爪の根元にうっすらと被っている薄皮のこと。新しい爪がうまれる部分を守るための皮なのですが、伸びてきた爪の上にいつまでもくっついていると、逆に爪の水分を横取りしてしまいます。



水分を奪われた爪は、乾燥して割れやすい状態に。なので、2週間に1回くらい、お風呂に入るついでにケアすることが大切です。



甘皮処理の基本は、まず甘皮をふやかすこと。ネイルサロンでは指先だけお湯につけたりしますが、お風呂でなら手間いらず。



湯船でふやかす時間の無いコには、キューティクルリムーバーがオススメ。塗るとみるみるうちに、角質が軟らかくなります。



角質が軟らかくなったら、コットンスティックなどで優しく円を描くように、爪の甘皮を根元に向かって押し上げます。



お風呂から上がったら、すぐにキューティクルオイルを塗りましょう。



甘皮を処理するとネイルカラーの持ちも良くなるから、手間を惜しまず続けると、爪も丈夫になってネイルカラーも長持ちするから一石二鳥ですね。



(ビューティ&ダイエット編集部)