デビュー決定から僅か1週間、ビビアーノ・フェルナンデスのUFC出場が消えた。詳細は発表されていないが、負傷ならその度合い、あるいは契約問題が関係しているのか、真相が気になるところだ

写真拡大

11日(月・現地時間)、7月21日(土・同)にカナダのアルバータ州カルガリーのスコシアバンク・サドルドームで開催されるUFC149 において、待望のオクタゴン・デビューをローラン・デローム戦で行う予定だったビビアーノ・フェルナンデスの試合がキャンセルに。ホームページのオフィシャルカードから、その名前が外れることとなった。

僅か1週間、4日(月・同)にUFCデビューが正式にリリースされたばかりのDREAMバンタム級王者の欠場に際し、UFC側の発表で原因は明記されておらず、デロームの新しい対戦相手は近々に公になるとだけ記されている。

対戦カードの変更が続くUFCだが、ビビアーノ欠場は日本のファンにとって、メイン変更と変わりなくショッキングなニュース。なお、同大会のメインを欠場することになった同じブラジリアンのUFC世界フェザー級王者ジョゼ・アルドは、脚部肉離れにより3週間は安静が必要で、練習が不可能という情報がブラジルより入ってきた。左右のどちらか、そして正確な負傷箇所は不明のままだが、追い込みができない状態での試合出場を避けたというのが真相のようだ。

「UFC」カテゴリの最新記事

  • ビビアーノ・フェルナンデスが、UFCと契約しなかったと声明文を発表
  • 【UFC149】ジョゼ・アルド欠場で、メインは暫定バンタム級王座決定戦
  • 曰くつきの一戦に決着。UFC on FX「Johnson vs McCall」全試合結果
  • 【UFC FX03】ジョンソンがマッコールとの再戦を制して決勝進出
  • 【UFC FX03】ウェルター級新勢力対決はシウバが一本勝ち