この秋ピンクハウスが変わる 伊勢丹が企画

写真拡大

「PINK HOUSE(ピンクハウス)」がこの秋、現代の様々な東京ファッションカルチャーと共に生まれ変わる。9月中旬より伊勢丹新宿店本館2階=ザ・ステージ#2に登場予定。アーカイブコレクションや、「THEATRE PRODUCTS(シアタープロダクツ)」などとコラボレーションした限定コレクションの発表が予定されている。 この秋ピンクハウスが変わるの画像を拡大

デザイナー金子功が立ち上げた「PINK HOUSE」は、DCブランドブームやフォークロアブームが後押しし、1980年代に一斉を風靡。花柄やフルーツ柄に代表されるテキスタイルや、ボリュームのあるフリルやレースのディテールを特徴としている。伊勢丹の秋の企画では、スタートから2012年で30周年を迎える「PINK HOUSE」にフォーカス。「赤」をテーマに展開されるウエアや雑貨の復刻コレクションをはじめ、人気のオリジナルプリント生地の販売も行われる。また、「THEATRE PRODUCTS」が「PINK HOUSE」の復刻生地を使用して、約15型のカプセルコレクションを作成。「beautiful people(ビューティフル ピープル)」や「Bilitis(ビリティス)」など、様々な東京デザイナーがデザインするウエアや雑貨、「アトリエ染花」とのコラボレーションによるコサージュ、傘やネイルシールなど、スペシャルコレクションの展開が予定されている。