超ロングサイズ! 東京スカイツリーシェーキの容器をスターバックスに持って行ってみた

写真拡大

長さ63.4センチ! 大手ファストフードチェーンの「ロッテリア」が、東京スカイツリーとコラボしたシェーキを販売しているとお伝えした。飲み終わった容器を持って、スターバックスに行ってみたぞッ。タンブラーではないのだが、ドリンクを入れてもらえるのだろうか?

記者(私)は以前、ロシアから送ってもらった世界一カワイイといわれる「マトリョーシカ・タンブラー」を持ってスタバに行ったことがある。そのときは、店員さんはあまり反応しなかったのだが、今回は驚きをあらわにして「ワーッ! スゴイ!」と衝撃を受けた様子だった。さらに今回は、スタバでのサイズが不明であるために「お計りしますね」と言って、内容量を確認してくれたのである。

店員さんの計測によると、トールとグランデの間くらい容量であることが判明。したがって、グランデをオーダーして入るだけドリンクを注いでもらった。オーダーしたのは、「マンゴーパッションティー フラペチーノ with マンゴープディング」である。はたしてどのようになるのだろうか?

待つこと約10分、「お待たせしました」と言って出されたのは、東京スカイツリーに入った鮮やかなドリンクだ。なんとも美しい! 飲み物とは思えない、このままオブジェとして玄関にでも飾っておきたいほど、きれいな色合いをしている。

早速持ち帰って飲んでみることに。実はロッテリアで入れてもらったバニラシェーキは、容器にちょうどよく入っていたわけではなく少し少なめであった。しかしスタバで入れてもらったドリンクは容器ピッタリにおさまっている。さすがスタバ!

そして専用ストローで飲むと、一際おいしく感じる。ひとつだけ失敗したなと思う点は、マンゴープディングだ。ストローで吸い上げることができるのだが、プディングなしのメニューをオーダーすればよかった。なお、今回持ち込んだ容器はタンブラーではないのだが、きちんとカップ割引してもらえたのも嬉しい。どうやらスカイツリーシェーキの容器は、このほかにもいろいろな用途がありそうだ。

レポート:フードクイーン・佐藤
Photo:Rocketnews24


画像をもっと見る