今年の3月から連載を再開した『バガボンド』。早くも人気再熱といったところですが、体調不良からはじまった休載は、2010年12月から12年3月までと、約500日にもなりました。その間、井上雄彦氏は何を考え、どうしていたのか......。その全容をまとめたのが書籍『空白』です。

 バガボンドを手がける井上氏の意識のなかに常にあるのが、「終わりどき」。この終わりどきこそが、井上氏を悩ませ苦しめているのです。終わるタイミングはもちろんのこと、「自分をどう高めることができるか」といった点でも苦しんでいるようです。

 その原因は、『スラムダンク』。同作品のラストで、うまく自分をピークまでにもっていくことができ、アドレナリンが出続けた状態でかき上げることができました。スラムダンクのラストは、井上氏にとって「こんな良い終わりはないな」と思えるほど、納得のいくものでした。よって、バガボンド製作中も、あの時のように自分が入っていくことを期待し、いろいろまわりから作っていったそうですが、結局そうはなりませんでした。

 一方、「一番いい終わりどきを逃したかな」という気持ちもあるようです。もっと前にバガボンドは終わるべきだったと。ただ、巌流島に行かずに終わることはありえなかったそうで、流れを無視して、「そして月日は流れて巌流島──」といった強引な展開はできないと考えていたため、自問自答の日々が続いたそうです。一種の成功体験が、いまとなっては井上氏を邪魔し、苦しめ、スランプに陥れることになってしまったのです。

 誰もが知る漫画家にもスランプがあること。また、スランプは誰にも等しく苦しいこと、そして、井上氏はスランプを乗り越えようとしていること、休載期間に行われた8回のインタビューがおさめられた同書からは、井上氏の本音を知ることができます。





『空白 (Switch library)』
 著者:井上雄彦
 出版社:スイッチパブリッシング
 >>元の記事を見る



■ 関連記事
ハードボイルド系小説作家・大沢在昌氏のコメディシリーズ第3作
書籍『悪人』と同じ著者? 吉田修一氏が毛色の違った作品に挑戦
どこにでもいる主婦が若い美容師に「理由なき」ストーカー行為?


■配信元
WEB本の雑誌