TOEIC800点のグラビアアイドル川奈栞が教える、妄想英語術

写真拡大

キュートなルックスと抜群のスタイルを兼ね備えたグラビアアイドルの川奈栞さん。

「妄想したり、コスプレしたりするのが大好きなんです!」とニッコリ笑う彼女だが、実は英語の資格をいくつも持ち、英会話も流ちょうに話せる才女。

そんな彼女に英語を身に付けるコツや、その魅力について聞いてみた。

―川奈さんにとって英語ってどんな存在なんですか?英語は、今の「私」を作ったすべてかもしれません。

父の転勤で、3歳からサンフランシスコに住んでいました。

それから高校生まで約10年間日本とサンフランシスコを行ったり来たりしていました。

高校3年生のとき帰国して、自分の英語力を試してみたくて、TOEICや英検準1級、国連英検B級など、英語の資格取得に挑戦しました。

試験はすごく難しかったけど、今思うと自分のためになりました。

勉強してよかったです。

グラビアをやっているのも、大学生のときに英語のコンパニオンのアルバイトしていたときにスカウトされましたし、今こうやって取材をしてもらっているのも、英語のおかげです。

新しい出会いをたくさん持ってきてくれる「英語」に感謝しています。

―英語が話せて良かったと思うことを教えてくださいグラビアの撮影で海外に行くと、周りのスタッフに「通訳して」って頼ってもらえるのがうれしいです。

南の島に行くことが多いのですが、現地の人とコミュニケーションがとれるのが面白い。

あと、通訳のお仕事ができることですね。

例えば、2008年に元千葉ロッテマリーンズのボビー・バレンタイン監督のCM撮影に同行させていただきました。

現場の指示などを監督に通訳するお仕事だったんですけど、いろいろなお話しをさせていただいて本当に楽しかったです。

あとは、いろいろな国に旅行に行っても困らないことです。

父が歴史好きなので、家族で世界遺産ツアーに出かけています。

だから私も、世界遺産が大好きになっちゃいました。

英語が話せると、現地の人から深いお話が聞けたり、いろいろなことを学んだりできるからすごく得をした気分になれます。

今まで見た世界遺産の中で、印象に残っているのは中国の万里の長城です。

今度は、ぜひマチュピチュに行きたいです。

―ブログの「妄想劇場」を拝見すると、様々な妄想をされていますが、妄想するときも英語で考えたりするんですか?ブログの「妄想劇場」はもう4年以上も続けているんですけど、毎日、朝7時に更新してます。

朝5時に起きて、衣装に着替えて、セルフタイマーを使って自分で写真を撮影してっていうのを毎朝やっています。

朝早く更新するのは、ファンの方に、私のブログを見てハッピーな気分で学校や会社に向かってほしいからです。

でも、最近はスマートフォンとかで見てくれる人が多いから、通勤・通学中に大きな画面で私の大胆な写真があると恥ずかしいみたいです……。

妄想は、日本語かなあ(笑)。

でも、もし英語で誘われたら、きっと英会話が上手になるかもしれません。

例えば、「I wanna go out with you.」ってデートに誘われたら、なんて返事をしようかなって思いませんか?他にも、町で出会った子がハンカチを落としたらその子に何て言って声をかけようかなって想像するんです。

そういうワクワクする“出会い妄想”を考えると、モチベーションもアップするし、楽しく勉強できると思います。

―ブログの中の写真もご自身でやられてるんですよね?はい。

ローアングルのリクエストが多いので、写真もいろいろ工夫しています。

ちなみに衣装は全部自分のものなんですよ。

中でもお気に入りのコスプレは制服系かな。

受付嬢のコスプレで、ちょっとハダけてるのとか、脱ぎかけなんかが好きなんです。