6種類のプールが楽しめる「ラグナシア」7月7日オープン!ラグーナ蒲郡

写真拡大

愛知県の複合型マリンリゾート施設「ラグーナ 蒲郡」を運営する蒲郡海洋開発株式会社では、海のテーマパーク「ラグナシア」のプール営業を7月7日から開始する。

「ラグーナ蒲郡」は、愛知県の三河湾に位置し、エンターテインメントやグルメ&ショッピング、タラソテラピー、温泉、マリーナなどさまざまなスタイルで海の魅力が体験できる複合型マリンリゾート施設。

その中の「ラグナシア」は海のテーマパークで、波立つプール・流れるプール・キッズプールなど6つのプールで楽しめるほか、ボディボードやラグナビクスなどのマリンスポーツも体験できる。

このたび開業10周年の特別企画・第3弾として、プールサイドの日陰ゾーンを大幅に拡大。

収容人数も3,000名規模となり快適性も向上した。

中でも今回新設する「エキサイティングシート」(有料スペース)は、ウェイブプールのサイドに設置され、プールの波を間近で体感しながらプールで泳ぐ子どもたちを見守れる「くつろぎシート」となっている。

また、アニメ「NARUTO -ナルト-」10周年を記念した臨場体感型の大型イベント「NARUTO-ナルト- チャクラの記憶 in ラグナシア」も開催する。

数々の思い出の名シーンを圧倒的なスケールで再現した「チャクラの記憶」ほか、ラグナシア園内はNARUTO一色に。

同イベントにあわせ、全国のローソンでは6月9日から、入園券・パスポート以外に、プール付入園券・プール付パスポートも発売する。

価格はプール付入園券は2,600円、プール付パスポートは4,900円。

さらに、夏の夜の“スペシャルイベント”として、テーマ音楽とダンサーによるパフォーマンスに花火・噴水・レーザーが織り成す花火スペクタキュラ「ミスティノーチェ」を夏休み期間の土日を中心に30日間開催する。

海のテーマパーク「ラグナシア」は、7月7日から9月10日まで開催。