セブン銀行、11月頃から大垣共立銀行とATM利用提携を開始

写真拡大

セブン銀行は8日、11月頃から大垣共立銀行とATM 利用提携を開始することになったと発表した。

今回の提携により、大垣共立銀行のキャッシュカードを保有する顧客は、セブン−イレブン、イトーヨーカドーなどに設置のセブン銀行ATMで、入出金等のサービスが利用できるようになる。

セブン銀行ATMは、2012年5月末現在、47都道府県に合計1万6,828台設置されている。

大垣共立銀行との提携に関する具体的なサービス内容、手数料などについては、詳細が決まり次第あらためて公表される。

なお、大垣共立銀行のATMでは、セブン銀行のキャッシュカードは利用できない。