クロックスのクラシックモデルが復刻 生誕10周年で限定発売

写真拡大

 「crocs(クロックス)」が、2012年でブランド生誕10周年を迎えることを記念して、創業当時のデザインを再現したモデル「classic le"first edition classic"(クラシック エルイー "ファースト エディション クラシック")」を6月15日に限定発売する。ブランドのシンボル「クロッグ型サンダル」のデビュー時のモデル「classic(クラシック)」を復刻。"原点回帰"という思いを込めて、人気の火付け役となった「クロッグ型サンダル」にフィーチャーしている。 生誕10周年クロックスから復刻モデルの画像を拡大

 創業当時の代表的なモデル「classic」は、アッパー部分に「The original」という文字がプリントされている他、リベット部分にワニのキャラクター「デューク」があしらわれたロゴ、ヒールストラップ部分にはブランドロゴがあしらわれている。発売当初の「classic」を再現したモデル「classic le"first edition classic"」は、黄や赤、緑、ピンクなど全10種類の豊富なカラーバリエーションで、サイズは22cmから29cmまで展開(※ピンクのみ27cmまで)。価格は3,990円(税込)。6月15日から「crocs」の直営店や全国の取扱店(アウトレットを除く)、公式オンラインショップで順次販売をスタート。在庫が無くなり次第終了となる。 また、「crocs」は、10周年を記念したモデル「crocskin classic(クロックスキン クラシック)」を販売。ブランド名の由来となった英語で木製の靴の意味を持つ「クロッグ」と、タフで強く水陸両方で生息する動物「クロコダイル(=ワニ)」にちなんで、本物のワニを思わせるインパクトのある型押し風のデザインが特徴となっている。価格は4,480円(税込)で、「classic le"first edition classic"」と同時発売。 「crocs」は、2002年に米コロラド州ボルダーで、創業者3名がシンプルで履き心地の良いボートシューズを制作したところからスタートした。現在では「快適さ、楽しさ、革新のある、シンプルな」をコンセプトに、定番モデルの「クロッグ型サンダル」をはじめとする250種類を超えるモデルを約90カ国でラインナップ。カラフルで軽量な独特のフットウェアコレクションを揃えている。■クロックス URL:http://www.crocs.co.jp/