触発されて…

写真拡大

大阪の繁華街で10日(2012年6月)、白昼に起きた通り魔殺人で逮捕されたのは住所不定、無職の礒飛京三容疑者(36)だった。礒飛に執拗に刺され亡くなったのは、たまたま仕事で大阪に来ていた東京・東久留米市のイベントプロデューサー・南野信吾被害者(42)とまだ身元の分からない60歳代の女性の2人だ。

大阪一の繁華街である東心斎橋の路上とあって、多数の目撃者がおり、スマートフォンで撮られた生々しい犯行写真がインターネットの「You Tube」にも多数掲載されている。

警察官駆けつけてからも執拗に刺し続ける犯人

最初に襲われたのは男性だった。一部始終を目撃した人は次のように証言する。「最初、『助けて下さい』と声がして、殴られていると思い止めようと思って近づいたところ、すごい血で、『止めてください』という男性の手を男が払いのけ何回も刺していました。見ていた間だけで30回、40回、何回も刺していましてから。ずっと刺していていました」

また、現場近くの男性店主は「見た時は馬乗りになって、留めを刺すみたいな感じで刺していた」という。

このあと礒飛は次を物色するようみにうろつき、40メートルほど離れたところで60歳代の女性を襲う。この女性は状況を知らずに自転車でやってきたが、「逃げろ」という声に方向転換しようとしたところを捕まり刺されたという。礒飛が異常なのは、女性を刺した後、再び男性被害者のところへ戻り、馬乗りになって刺し続け、警察官が駆け付けた時も刺していたという。

警察官に抵抗することなく現行犯逮捕された礒飛は、調べに対し「私がやりました。自殺をしようと思って、事件を起こす直前に近くで包丁を購入したが、死にきれなかったので人を刺してしまえば死刑になると思ってやったことです」と供述しているという。

被害男性には妻と3人の娘…長女この春に小学入学

亡くなった男性被害者は妻と3人の女児の父親で、長女はことし小学1年になったばかりという。小倉は「周りが止めようと思っても、怖くて近づけないですよ。今度は自分がという思いがありますからね」と話す。とはいえ、ただ黙って見ているのも如何なものか。犯行を阻止するような棒とか、いざとなると機転がきかないものなのか。犯行の最中に逃げるでもなく、助けるでもなく写真撮影という神経がわからない。

女優の眞鍋かをり「いまスマートフォンをみんな持っているので、YouTubeにあがってしまい、誰でも見れてしまう。事件解明にはいいのかもしれないが、映像に触発されて、自己顕示のために同じようなことを起こしてしまうことはないか心配です」