可愛いアンドロイド(人造人間)の女の子がそばにいてくれる! 美少女アンドロイドは古くは手塚治虫の『火の鳥』、『キューティー・ハニー』や『ちょびっツ』、『エンバーミング』、また数々の美少女ゲームにも登場。まさに男の夢と言っていいのではないだろうか。

美少女アンドロイドの実用化は夢のまた夢と思われていたが、なんとオランダで女性型アンドロイドによる売春宿をオープンさせるという予定があるという。しかもそれは政府のキモ入り事業だというのだ。

アンドロイド売春宿のオープンが予定されているのは首都アムステルダムである。しかも民間の会社ではない。計画しているのはアムステルダム当局だ。

ロシア紙などが報じたところによると、「勤務する」女性アンドロイドには骨格には高強度チタン、ボディは弾力のあるシリコン製、髪の毛は本物の人毛を使用。会話能力を備え本物の女性に限りなく近い仕様となるそうだ。また美形ぞろいとなる見通しである。なお、アンドロイド風俗の利点としては「性病感染の心配がない」「耐久性が高く24時間サービス展開が可能」ということが挙げられている。

しかしこれだけ高機能なアンドロイドだ。本体価格もお高め。1体7000ユーロ(約70万円)ほどになると見られている。アンドロイド自体が高額になるため、サービス料も割高になるらしい。しかし、Persuadable Researchが行ったオンライン調査では約70パーセントの人が家庭に性的サービスを行うアンドロイドがあればいいとしており、価格が下がれば需要も上がる可能性がある。

また近頃、アムステルダムではマリファナが合法的に吸えるコーヒーショップが次々と閉鎖。当局はアンドロイド風俗は新たな観光資源になると期待している。

アンドロイド風俗の利点についてはオランダの学者が学会で発表するなど真剣に議論されているようだが……人間の欲望はつきるところを知らないようだ。

参照元:newsru.com(ロシア語)、今日新聞網(中国語)