TASAKI中国に旗艦店オープン 銀座に続くアジア重要拠点

写真拡大

 ジュエリーブランド「TASAKI(タサキ)」が、中国におけるフラッグシップストア「TASAKI BEIJING CHINA WORLD(TASAKI 北京チャイナワールド店)」を出店する。オープンは6月15日。2010年4月にリニューアルオープンした「TASAKI」銀座本店に続くアジアの重要拠点とし、フルアイテムを取り扱う。 TASAKI中国に旗艦店の画像を拡大

 「TASAKI BEIJING CHINA WORLD」は、北京市内にある74階建ての超高層ビル「中国国際貿易センター第三期」の商業施設部分1階に出店。168平方メートルの店内には、クリエイティブ・ディレクターThakoon Panichgul(タクーン・パニクガル)が監修するコレクションライン、ブライダルライン、有名デザイナーとのコラボレーションラインなどを含めた全商品をラインアップ。営業時間は22時までと銀座本店よりも長く、中国を訪れる観光客が利用しやすくなっている。 「TASAKI」は、1966年に中国市場へ進出。中国大陸内に26拠点を構え、パールを中心に、素材から加工までを同社で一貫した販売を行っている。中国語のブランド名表記は「塔思」。なお、東京の「TASAKI」銀座本店には多くの中国人観光客が来店しており、中国からのインバウンド市場に対する取り組みも強化している。■TASAKI BEIJING CHINA WORLD 所在地:北京国際貿易中心商城三期 一階3L105+106   営業時間:11:00〜22:00 面積:168平方メートル