【男性編】職場にいて急に帰りたくなる瞬間ランキング


やる気スイッチが壊れてしまって……





仕事を頑張れないことはないけれど、なんとなく気分が落ちてくる。原因はさまざまですが、自分の心と体の調子が乱れたり、職場の外に楽しいことが待っていると、仕事を続ける気分ではなくなるのかも。皆さんはどんなときに急に帰りたくなりますか? マイナビ会員の男性324名に訊いてみました。





Q.職場にいて急に帰りたくなる瞬間について教えてください(複数回答)

1位 体調がだんだん悪くなったとき 29.6%

2位 職場の窓の外を見るとすごく天気が良かったとき 14.8%

3位 仕事の量が多くて終わらないとき 11.1%

4位 上司から叱られたとき 10.8%

5位 早く帰って見たいテレビがあるとき 10.4%







■体調がだんだん悪くなったとき

・「ベッドでぐっすり眠りたくなる」(24歳/ソフトウェア/技術職)

・「気分的に何もしたくなくなるから」(20歳/学生)

・「仕事に身が入らなくなる」(29歳/学校・教育関連/事務系専門職)

・「体調が悪くなるときに限って、仕事が多い」(27歳/運輸・倉庫/技術職)

・「実際には体調が悪かろうが、精神的に落ち込んでいようが、ほとんど帰れない」(32歳/情報・IT/技術職)





■職場の窓の外を見るとすごく天気が良かったとき

・「公園にでもいきたくなります」(32歳/ソフトウェア/技術職)

・「雲ひとつない青空だと、外に出かけたくなってしまうから」(21歳/学生)

・「ふと、そう思うときがありますね、天気がいいと」(29歳/小売店/販売職・サービス系)

・「天気がいいと遠くに行きたくなる。大学生のときは授業に出ず、サイクリングに行っていた」(22歳/団体・公益法人・官公庁)





■仕事の量が多くて終わらないとき

・「仕事量が多すぎて、どんなに頑張っても、終電時間まで帰れないことが決まったときに、急に帰りたくなったから」(25歳/その他)

・「投げ出してしまいたい気持ちと、頑張れば日が変わる頃に達成感を感じるかも、との葛藤はあるが、やはり投げ出したいときもある」(29歳/機械・精密機器/営業職)

・「このまま頑張っても、絶対無理だと思ったとき。現に23時過ぎまで頑張ったけど、結局終わらなかった」(40歳/機械・精密機器/技術職)





■上司から叱られたとき

・「雰囲気が悪いから」(40歳/電機/技術職)

・「やる気をなくしたからです」(27歳/食品・飲料/販売職・サービス系)

・「叱られたり、失敗が続くと帰りたくなる。平静を装っているが、精神的に動揺しまくり」(30歳/団体・公益法人・官公庁/技術職)





■早く帰って見たいテレビがあるとき

・「ビデオのセットを忘れたときは、特に気になる」(25歳/情報・IT/事務系専門職)

・「サッカーW杯の試合があるときは、仕事なんてやってられなかったし、同僚・得意先も同じ考えで、誰からも文句を言われなかった」(29歳/機械・精密機器/事務系専門職)

・「連続ものの番組は、一度見逃すとそれ以降見なくなるから、できるだけ見るように努力する」(27歳/その他)





■番外編:こんな個人的な事情もある

・お腹が空いたとき「肉体労働なので、腹が減ると相当しんどい」(27歳/その他/販売職・サービス系)

・愛のため?「まだ付き合いだしたばかりだから、正直なところ、仕事より二人の時間を大切にしたい」 (27歳/マスコミ・広告/営業職)

・震災時「一刻もはやく、その場から離れたかった」(40歳/ソフトウェア/営業職)





総評

1位は「体調がだんだん悪くなったとき」でした。仕事に集中できないから、帰って休みたいという声が多かったです。そうはいっても、なかなか帰れないのがツライところ。無理して体を壊さないように、気をつけてくださいね。





3位「仕事の量が多くで終わらないとき」、4位「上司から叱られたとき」では、仕事にうんざりして帰りたい気持が伝わってきます。早退したいというよりは、残業を避けたいということのようですね。





そのほかの意見では、「天気が悪くなりそうなとき」などもありました。傘を忘れてしまったときなど、帰りに雨が降ってきたら最悪ですものね。さまざまな理由で帰りたくなる人が多いなか、「急に帰りたくなることはない」という人もいました。





実際は、簡単に早退できるものではありません。想像だけで我慢して、退社時間までの数時間、気を引き締めて業務に励んでくださいね。ファイト!

(文・OFFICE-SANGA 渡邉久美子)





調査時期:2012年4月26日〜2012年5月9日

調査対象:マイナビニュース会員

調査数:男性324名

調査方法:インターネットログイン式アンケート