英国王室御用達のシュウェップス 大人が楽しむ新炭酸飲料発売

写真拡大

 1837年にヴィクトリア女王から認定を受けた英国王室御用達のソーダメーカー「Schweppes(シュウェップス)」から、新商品「Schweppes British Lemon Tonic(シュウェップス ブリティッシュ レモントニック)」が登場する。レモンの酸味とトニックの苦味を効かせた味わいが特長。自分らしいライフスタイルを確立した、40代以上の世代をターゲットとしている。6月11日より全国で発売開始。 シュウェップス新飲料の画像を拡大

 新登場の「Schweppes British Lemon Tonic」は、大人がいつでも気兼ねなく飲むことが出来るよう、100mlあたり12カロリーと低カロリー。価格は410ml入りペットボトル、147円で販売される。イメージキャラクターには、俳優のピアース・ブロスナン氏を起用。「Schweppes British Lemon Tonic」の日本での発売を、ピアース・ブロスナン氏自身が日本国内に引っ越してくるストーリーと重ね合わせて表現したTVCM「英国紳士登場」篇が、6月13日から放映される。 「Schweppes」は、1783年にスイスで誕生した世界初の炭酸飲料ブランド。その後イギリスに拠点を移し、英国王室の御用達商品として認定された。現在ではイギリスをはじめとするヨーロッパ地域を中心に、世界75ヶ国以上で展開。ブランド名は、炭酸ミネラルウォーターを製造するシステムを開発したジャコブ・シュウェップに由来している。■シュウェップス ブリティッシュ レモントニック価格:¥147(希望小売価格)容量:410ml発売開始:2012年6月11日