渋谷109より巨大な初音ミク「渋谷系」CDジャケット公開

写真拡大

 ワーナーミュージック・ジャパンが、90年代に東京・渋谷を中心に流行した「渋谷系」の楽曲を初音ミクがカバーしたアルバム「渋谷系 feat.初音ミク / V.A」のジャケットを公開した。渋谷のシンボルでもある「SHIBUYA 109」を超える大きさで初音ミクが描かれたインパクトのあるデザイン。ニコニコ動画などで支持されている人気のイラストレーター「ぎた(guitar)」がイラストを担当している。 巨大なミク、渋谷に出現の画像を拡大

 「渋谷系 feat.初音ミク / V.A」のジャケット中央には流行の発信地渋谷の"今"を象徴するシンボル「SHIBUYA 109」が配置され、その奥に、かつて渋谷系の発祥とされた宇田川町が描かれた。宇田川町方面から歩いてきた初音ミクを描くことで、過去の渋谷系のサウンドを引用・解釈した作品であることを表現。「ぎた(guitar)」によって巨大に描かれた初音ミクは、今回の21世紀カヴァーという斬新さを強く印象づけているという。 7月11日発売のアルバム「渋谷系 feat.初音ミク / V.A」は、"サウンド感とカルチャームーブメントの総称"とされる「渋谷系」を、21世紀を代表するヴァーチャルシンガーとして初音ミクが新解釈。小沢健二 featuring スチャダラパーによる「今夜はブギー・バック」やピチカート・ファイヴの「東京は夜の七時」、カヒミ・カリィの「ハミングがきこえる」など全9曲をカヴァーしている。ニコニコ動画には、プロジェクトの公式チャンネルがオープンしており、第一弾として、NemPがフィーチャリングで参加した「今夜はブギー・バック(小沢健二 featuring スチャダラパー)」を公開。わずか5日で再生数5万回を越すなど、多くの注目が寄せられている。■「渋谷系 feat.初音ミク / V.A」の全9曲をチェック URL:http://www.fashionsnap.com/news/2012-05-07/hatsunemiku-shibuyakei/■「渋谷系feat. 初音ミク」チャンネル URL:http://ch.nicovideo.jp/channel/shibuya-miku