鉄道トリビア (154) 航空会社の国内便が電車だった!?

写真拡大

列車に乗るためには乗車券が必要だ。

しかしある時期、鉄道の乗車券では利用できず、航空券を持たないと乗れない列車が走っていた。

ルフトハンザ ドイツ航空が走らせた「ルフトハンザ・エアポート・エクスプレス」で、フランクフルト空港駅とデュッセルドルフ空港駅を約2時間半で結んだ。

「ルフトハンザ・エアポート・エクスプレス」は、ルフトハンザ航空の国内線として設定された列車だ。

フランクフルト空港はドイツで最も利用客が多く、デュッセルドルフはドイツ国内第3位の利用客がいた。

両者ともハブ空港として機能し、この区間の利用客も多かった。

デュッセルドルフは日本人が多い都市で、日本からフランクフルトに降り立ち、デュッセルドルフ行きに乗り継ぐ人も多かった。

しかし、フランクフルトとデュッセルドルフは約220km。

日本で例えるなら新幹線で東京から長野まで、直線距離だと大阪から米子までとほぼ同じ距離だ。

飛行機を飛ばすには距離が短すぎて採算を取りにくく、機材を大型化すれば乗降に時間がかかり、鉄道の所要時間との差は小さくなる。

そこで考え出された仰天プランが、「ドイツ国鉄(当時)の団体列車を設定し、航空便として走らせよう」だった。

所要時間は少し遅くなってしまうけれど、列車なら都市の中心部に直行できるし、途中のケルンやボンなどの主要都市も結べる。

なによりこの鉄道ルートは、ライン川沿いの景色の良いところを走る。

海外、とくに日本からの観光客は喜んで列車を選んでくれるだろうという算段だった。

「ルフトハンザ・エアポート・エクスプレス」は1982年から走り始めた。

使用された車両はドイツ国鉄のET403形電車だ。

もともとドイツ主要都市を結ぶ特急列車に使うために造られた車両である。

全車1等席で、コンパートメントタイプの座席と一般型座席の2種類があった。

4両編成で中間車の半分が喫茶室だった。

運転はドイツ国鉄の職員が担当し、接客サービスはルフトハンザ航空のパーサーとキャビンアテンダントが担当した。

この列車はドイツ国鉄の時刻表には掲載されておらず、ルフトハンザ航空が全世界で配布する時刻表冊子には掲載されていた。

つまり、各国の旅行代理店が航空券として予約・発券できる列車だった。

フライトナンバーは「LH1001便」から「LH1008便」まで、1日4往復。

当時は航空機を乗り継ぐ場合、チケットが何枚も重ねて閉じられた。

その中にこの列車の「航空券」も綴じ込まれた。

チケットだけでは他の航空便とは見分けがつかなかった。

筆者は1983年、デュッセルドルフ空港からフランクフルト空港へ向かう「LH1003便」に「搭乗」。

発車後すぐドリンクのサービスがあり、食事も提供された。

ドイツパンとサラダ、ハム、ヨーグルトなどが、機内食とまったく同じように、ルフトハンザのロゴ入りの盆や皿に載っていたことを記憶している。

「ルフトハンザ・エアポート・エクスプレス」はもくろみ通りの好成績となり、1990年には第2の路線としてフランクフルト〜シュトゥットガルト間でも運行された。

こちらも約200kmで、短距離国内線を列車で代替した形だ。

ただし、こちらは電車ではなく、機関車牽引の客車で運転されたという。

車体はET403形電車と同じく、ルフトハンザ航空のトレードマークの黄色で、紺色のロゴマークが入っていた。

好評だった「ルフトハンザ・エアポート・エクスプレス」のフランクフルト〜デュッセルドルフ線だが、その後はET403形電車の老朽化もあり、1993年に廃止されてしまった。

フランクフルト〜シュトゥットガルト線も、ドイツ国鉄のインターシティー網に統合される形で廃止された。

しかし、現在もルフトハンザ航空はドイツ鉄道のICE列車の座席の一部を確保しており、フランクフルト〜シュトゥットガルト間で「AIRRailサービス」として運行しているという。