ITオンチでも、最低限押さえておきたいIT用語を抽出。そのメリットと、思わぬ落とし穴を、コミカルなストーリー仕立てで解説する。


※主な登場人物
藤井君/おっちょこちょいで新しもの好きの若者。山田部長の部下。
山田部長/凸凹食品株式会社のおとぼけ営業部長。IT系はものすごく苦手。
木村君/凸凹食品のシステム担当者。


今日の朝礼の当番は、いつも新しい話題を交えたスピーチで評判の小松原君。朝礼後、藤井君が小松原君に尋ねた。

「ねえ、いつもどこから話題を仕入れてるの?」

「実は去年からツイッターを使い出してね」

ツイッター/その時々の思いや意見、今置かれている状況などを最大140字の「つぶやき」としてインターネット上で発言できるサービス。日本でも大ヒットしている。気になる発言者やキーワード(話題)をフォロー(登録)しておけば、該当する発言があるたびに通知される。携帯電話からも利用可能。独り言やメモを書くように、ごく気軽につぶやけるが、実際には不特定多数に広く公開されるため、機密情報の漏洩やプライバシーの侵害などに気をつける必要がある。

名前は聞いたことがあるが、どういうものかよく知らない藤井君。気になる新人OL真央ちゃんの手前、「ああ、あれね。僕も5、6年前まで使ってたけど、最近はどうなの」と知ったかぶり。

「えっ、日本でブレークしたのは去年だよ」真央ちゃんがクスクス笑っている。小松原君によれば、ツイッターで有力経営者や気鋭の評論家らをフォロー(登録)し、彼らの発言を見ていて気になる話題があれば自分で調べて、朝礼や営業に生かしているようだ。そういったオピニオンリーダーの日々のつぶやきを見れば、物事の見方を学ぶ道具になると小松原君。早速、小松原君の指導でツイッターを使い始めた藤井君だが、アイドルばかりフォローしているのもどうかと思い、小松原君の話に出てきた有名社長なども登録することに。おもしろいのは、こうした社長らが関心を持ってフォローしている発言者も芋づる式にわかる点だ。今まで知らなかった人々の発言も読めるようになる。藤井君が山田部長に報告書を持っていくと、「ツイッターってのが流行ってるらしいが、藤井君も持ってるかね」。

「モノじゃなくてサービスなんですよ。つまり……」。待ってましたとばかりに受け売りでツイッターを熱く語り始めた。「部長も、誰でもいいからフォローすればいいんですよ」。

「ああ? おまえのミスの尻ぬぐいで手一杯の俺が、なんで知らないヤツのフォローまでしなきゃならないんだよ。そういえば、金曜もポカやらかしたそうだな」

「あ、いや、そのフォローじゃなくて……」どうにか取り繕って部長から逃れ、営業に向かった藤井君。電車でツイッターを見ていると、ガラケー(ガラパゴス・ケータイ)と揶揄される日本の携帯電話事情に触れ、SIMカードのロック解除を支持する発言を発見。

ガラケー/ガラパゴス・ケータイ。世界的に見ると特殊な規格を採用したり、おサイフケータイやワンセグテレビ、カーナビなど世界では一般的でない機能が標準になっていたりと、独自の進化を遂げた日本の携帯電話を揶揄する表現。例えばSIMカードのロックも本来の使い方を禁止した日本独自の措置。孤島という特殊環境ゆえに生物が独自の進化を遂げたガラパゴス諸島にたとえている。その後、日本の携帯も通信規格に世界標準規格(3G)の採用が広がったが、周波数帯が日本独自のため海外製品は参入しにくい状況だ。

SIMカードのロック解除/SIMロック解除ともいう。携帯電話には、電話番号や契約者識別情報が記録された、切手半分ほどのサイズのSIMカードが入っている。電話機を買い替えたときでも、SIMカードを差し替えれば、これまでどおりの電話番号、契約者で継続利用できる。原理上は携帯電話会社を問わず、SIMカードを差し替えて使えるのだが、販売戦略などの理由で他社の電話機では利用できない仕組みになっている。この電話会社縛りをSIMロックという。しかし、利用者の利便性向上のためにはこのロックが邪魔だとして、総務省はSIMロック解除の方針を打ち出している。

「ははあ、こういう話を営業トークに生かせばいいんだな」。営業先で商談中、たまたま携帯電話の話題になった。待ってましたとばかりに「やっぱりSDカードのロック解禁だと思うんですよね。実はさっきツイッターにそんな発言がありましてね、いい線突いてますよ、その人」と得意げに話すと、「もしやSIMロック解除のことですか。そういえば、うちの社長がさっきツイッターにそのことを書いてましたね」と担当者。なんとネタ元は営業先の社長のつぶやきだったのだ。

SDカード/デジカメや携帯電話で写真などを保存する記録媒体として一般的なメモリーカード。本文の藤井君はSIMカードとSDカードを取り違えた。

インターネット上では、ついつい発言主の存在を忘れがちだが、画面の向こう側には人がいるという現実は、常に意識しておきたい。

※すべて雑誌掲載当時