CDが売れない本当の理由



「CDが売れなーい!」と音楽業界が叫び出してからかなりの時間がたちました。確かに、2000年にはシングルCDの生産枚数約10,500万枚、CDアルバムの生産枚数約27,600万枚でしたが、これが2010年にはシングルCDの生産枚数約5,100万枚、CDアルバムの生産枚数約15,600万枚になっています。





つまり、シングルCD、アルバムCDとも10年でほぼ半分にまでなっています(一般社団法人日本レコード協会のデータによる)。



ですが、例えばFMラジオ局でアンケートを採ったりすると「CDは買いたい」、「やっぱりデータだけじゃイヤ。モノが手元にほしい」という意見が多かったりするのです。

一体このギャップは何でしょうか? CDの購入意欲について調べてみました。



調査期間:2012/2/29〜2012/3/4

アンケート対象:マイナビニュース会員

有効回答数 1,000件(ウェブログイン式)

まずはCDを買うかどうかを聞いてみました。



Q.CDを購入しますか?

はい 38.4%

いいえ 61.6%



約4割の人が「CDを購入するよ」と答えてくれました。音楽業界にとってはウレシイ反応ですね。



では次にその頻度です。

Q.CDを購入する頻度を教えてください。1カ月に何枚ぐらいCDを購入しますか?



1枚未満(1カ月に1枚買わないときもある) 84.1%

1枚 5.2%

1〜3枚 7.5%

4〜5枚 1.8%

6〜7枚 0.5%

8〜10枚 0.3%

10枚以上 0.5%



これはちょっと痛い結果です。ほとんどの人が1カ月に1枚買うか買わないかです。



例えば、あの小室さんが大活躍していた時代を振り返ってみると、CDの購入頻度はもう少し高かったような気がします。かくいう筆者ももっとCDを購入していたと思います。

ではCDを購入しない理由は何でしょうか?



Q.なぜCDを購入しないか、その理由を教えてください。

インターネットショップ(itunesStoreなど)で購入するから 18.7%

レンタル店で借りるから 49.0%

音楽ソフトを購入しない 35.9%

そのほか 7.5%



衝撃の結果です。



なぜCDを買わないかの理由で、CDを購入する代わりに「ネットショップで買っていますという人」は約19%しかいません。一番多いのは、「レンタル店で借りるから」が約半数。その次の理由、約36%が「音楽ソフトを購入しない」です。



つまり「CDを購入しない」で、「借りる」、あるいは「買わない」のです。インターネットショップのおかげでCDが売れないのではないわけです。そもそも「音楽ソフトにお金を出す人」が減っているということではないでしょうか。



事実、上の質問で「そのほか」を選んだ人の回答のうち、一番多かったの、約17%の人が「YouTubeなどで聞く」、「動画サイトで見られるから」などのお答えでした。



この「そのほか」では「図書館で借りるから」という意見もありました。



どうにも意気の上がらない調査結果ですが、世界は、音楽を買わない、音楽にはお金を出さない方向に動いているのでしょうか?



少なくとも筆者に関してはアタリです。……トホホ。



(高橋モータース@dcp)





一般社団法人日本レコード協会のデータ出典

http://www.riaj.or.jp/data/quantity/index.html