【男性編】子どもの頃にあこがれた職業ランキング


ヒーローになりたかったんだ!





野球選手や学校の先生など、子どもの頃にはさまざまな職業にあこがれたものです。そのあこがれを叶えたという人は、どのくらいいるのでしょうか? 男性の「子どもの頃にあこがれた職業」をランキングにしてみました。いまも昔も、男の子の夢といえば、アノ職業なのですね。





Q.子どもの頃にあこがれた職業を教えてください(複数回答)

1位 スポーツ選手 22.5%

2位 航空関係(パイロット・CAなど) 13.9%

3位 学校の先生 8.0%

3位 学者 8.0%

5位 警察官 7.5%







■スポーツ選手

・「野球のテレビ中継を見ていて、一度でいいからヒーローインタビューを受けてみたいと思った」(32歳/建設・土木/技術職)

・「Jリーグが全盛期の頃、小学校でみんなサッカーをやっていたから」(28歳/運輸・倉庫/技術職)

・「バスケの選手になりたくて、毎日放課後は学校で練習していた」(28歳/ホテル・旅行・アミューズメント/専門職)





■航空関係(パイロット・CAなど)

・「飛行機が大好き」(29歳/電機/技術職)

・「自分の操縦で、空を気持ちよく飛んでみたいと思っていた」(21歳/その他)

・「パイロットになりたかったけれど、車酔いがひどかった私は、乗り物関係はすべて苦手となった」(34歳/学校・教育関連/専門職)





■学校の先生

・「恩師が尊敬できる人だった」(23歳/機械・精密機器/営業職)

・「人に教えるのはいまだに好き」(35歳/通信/技術職)

・「ドラマの影響が強いと思う」(32歳/ホテル・旅行・アミューズメント/販売職・サービス系)





■学者

・「好きなことを探求できそうだから」(27歳/ソフトウェア/技術職)

・「特に恐竜関係の考古学者。小学校のとき、『こども恐竜博士号』というのをもらった」(30歳/団体・公益法人・官公庁/専門職)

・「学者目指して研究員、いまもこりずに夢を追っています」(27歳/運輸・倉庫/技術職)





■警察官

・「『正義の味方』にあこがれていた」(27歳/その他)

・「家の近くに交番があり、そこのおまわりさんがあこがれだった」(27歳/マスコミ・広告/営業職)

・「刑事ドラマが好きで、よく見ていたから」(22歳/食品・飲料/事務系専門職)





■番外編:「かっこいい」大人にあこがれた

・料理人「料理ができたらかっこいいなとあこがれた」(28歳/その他)

・医療関係(医師・看護師など)「家族が医療ミスにあい、それを助けてくれた医師にあこがれた」(25歳/団体・公益法人・官公庁/専門職)

・マスコミ関係「テレビをよく見ていたので、テレビ関係の仕事にあこがれていた」(25歳/金属・鉄鋼・化学/技術職)





総評

1位は「スポーツ選手」でした。テレビでスポーツ中継を見ていると、かっこよくてあこがれますよね。毎日練習していたという人がいれば、運動神経が悪くてすぐにあきらめたという人も……。





2位は「航空関係(パイロット・CAなど)」。大きな機体を操り、空を飛べたらぜったいに気持ちイイ!





3位は「学校の先生」です。恩師にあこがれて、という理由が多く挙がりました。いい先生にめぐりあえて、うらやましい限りです。同率3位は「学者」。好きなことを思う存分、研究したい! という願望は、大人になってもありますよね。





子どもの頃にどんな職業にあこがれていたか、いまでは忘れてしまったという人もいるかもしれませんね。卒業文集を見返したり、親に聞いてみると、意外な職業にあこがれていたことがわかるかもしれませんよ。

(文・OFFICE-SANGA 澤田千春)





調査時期:2012年4月26日〜2012年5月9日

調査対象:マイナビニュース会員

調査数:男性298名

調査方法:インターネットログイン式アンケート