<フライ級王座決定トーナメント準決勝/5分3R>
デメトリウス・ジョンソン(米国)
Def.判定3-0:29-28、30-27、29-28
イアン・マッコール(米国)

 素早い踏み込みから左フックをヒットさせ、スッと下がるジョンソン。ケージに押し込まれたマッコールは、左ヒザを顔面に突き上げるもダブルレッグでテイクダウンを奪われる。尻餅状態からマッコールが立ち上がると、エルボーを放ちながら距離を取ったジョンソン。

 前に出て来るマッコールに左フックを入れ、パンチはスウェイでかわす。マッコールも右アッパーからワンツーを放って前に出るも、ジョンソンは右のストレートでダウンを奪う。ガードからエルボーを見せ、立ち上がったマッコールをケージに押し込むジョンソンは、後方にテイクダウンを狙うも、マッコールもバランスをキープする。

 再び打撃戦の距離になるが、マッコールが組みついてダブルレッグへ。腰をずらして距離を取り直したジョンソンの右と、マッコールの左が交錯する。ジョンソンのテイクダウン狙いにヒザを合わせるマッコール。そのままグラウンドに持ち込んだジョンソンだが、後方回転するようにマッコールがトップを取り、試合はスタンドに戻る。マッコールの攻撃をかわし、自らの打撃を入れたジョンソンが初回を取った。

 2R、ワンツーを振るって距離を詰めたマッコールがテイクダウンからバックへ。初戦のように両足をフックさせたくないジョンソンは、懸命に立ち上がって胸を合わせる。ショートアッパーを打ち込んだジョンソン、首相撲からヒザをボディに見舞っていく。前蹴り、ローを蹴り込むジョンソンの急所にマッコールのローが直撃し、試合が一時中断する。

 再開後、ローが交錯したあと、マッコールがダブルレッグからドライブ。バランスをキープしようとするジョンソンにヒザを入れ、前進をすかすとバックを奪い、後方に大きく投げる。ジョンソンはワンツーから真っ直ぐ前に出て、マッコールをケージに詰める。距離を作りエルボーを狙うマッコールが態勢を入れ替え、スピニングバックフィストを狙う。残り1分、ケージ際で組みと打撃が融合した展開から、距離ができるとジョンソンが首相撲からヒザをボディに。

 左ジャブから前に出て来るマッコールに、右を当てたジョンソンだが右ハイで反撃を受ける。終了直前に首相撲からジョンソンを転がしたマッコール、トータルで見て手数は多かったが、パンチを当てたジョンソンとジャッジはどちらを支持するか。

 最終回、組みついたジョンソンがケージにマッコールを押し込み、スッと距離を取る。逆に前に出るマッコールは、右ハイからテイクダウンへ。容易くスプロールしたジョンソンだが、マッコールがケージに押し込んでいく。背中が伸びてもヒザを突き上げるジョンソンは、逆にケージにマッコールを押し込んでダブルレッグでテイクダウンを奪う。

 尻餅状態で耐えるマッコールからバックを取ったジョンソンが、そのままハイキックを顔面に入れようとする。離れて右をヒットさせたジョンソンは、ローを掴んで右ショートを連続で打ち込む。再び足払いを見せたマッコール、ジョンソンが耐えてシングルレッグに対してもテイクダウンを許さない。

 マッコールは再びケージにジョンソンを押し込むが、攻勢を握るまでには至らない。逆に右を伸ばしたジョンソンは、残り1分になって距離を取ろうとする。距離を詰めたマッコールだが、逆にケージに押し込まれる。ダブルでからシングルに移行し、尻餅をつかせたジョンソンは、立ち上がったマッコールを再びケージに詰め、マッコールが態勢を入れ替えたところでタイムアップに。

 ジョンソンのセコンドがオクタゴンに入ると、レフェリーが大きな声で規制するが、この試合がドローの場合は4Rが行われるため、すぐにカットマンが血を止めに掛かる。果たしてジャッジの裁定は、3−0でジョンソンに軍配が挙がった。
UFC on FX「Johnson vs McCall」全試合結果一覧へ